日記

2024年4月18日 (木)

第10回 相模国霊場研究会 6月3日(月)開催のお知らせ

Sagami_reijoh_vol10

第10回 相模国霊場研究会のご参加者を募集します。

【日時】
2024年(令和6年) 6月3日(月)
 15時開場・会場準備・受付開始
 15時20分~18時30分

【場所】
相模原市立 市民・大学交流センター
ユニコムプラザさがみはら
(小田急線相模大野駅 徒歩2分)
ミーティングルーム4

【申込先】事務局 城川(キガワ) ※要事前申し込み(人数制限あり)
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/index.htm

【会費】 300円(場所代+事務諸経費)

【研究発表】

1) 本田 不二雄(ノンフィクションライター・神仏探偵)
「勝坂遺跡と有鹿神社奥宮のミッシングリンクを探る」

 相模国最古の神社ともいわれる有鹿神社(海老名市上郷)の淵源は、縄文時代に遡るともいう。というのも、その奥宮(相模原市南区)は鳩川の水源にあり、その湧水祭祀に発祥するといわれるが、そこは、縄文時代中期の大集落があった勝坂遺跡(約5000年前)と重なっているためである。ただし、勝坂遺跡の時代とカミ祀りの祭祀遺跡(勝坂有鹿谷遺跡/4世紀末~7世紀前半)とでは、大きな時代の大きな隔たりがある。この空白(ミッシングリンク)は何を意味するのか、相模最古のまほろばの謎を探ってみたい。

2) 城川 隆生(もと神奈川県立高校社会科教諭)
「文政九年『八菅山地誌調書上』を読む(その1)-「霊場」概念の定義を含めて-」

 本研究会は今まで「霊場」という概念の定義をあえて規定せずに、各参加者の認識に任せて研究会を行ってきた。今回は第10回ということもあり、「霊場」という概念について若干の整理を行ってみたい。その上で、相模国を代表する修験霊場「八菅山」の近世以前の姿と自己認識がもっともまとまって表現されている『八菅山地誌調書上』を、参加者とともに読み解いていきたい。この『八菅山地誌調書上』は当時の江戸幕府地誌調所に提出され『新編相模国風土記稿』編纂の基本資料となった。一次資料である書上と二次資料である風土記稿では八菅山という霊場の構造的な捉え直しも行われている。

【懇親会】
終了後、希望者を募って近隣の飲食店で行いたいと思います。

2024年4月16日 (火)

出張講演「丹沢・大山と山伏の歴史」@町田市民フォーラム ホール

Kigawa20240416

本日は、歴史ある山岳会「町田グラウス山の会」から研修会の講師として呼んで頂き上記の内容で講演をして来ました。40年の歴史を持ち、会員も170名の大所帯。19時からの会議のあと20時から、パワーポイントと写真を多用した短めの講演でしたが、熱心に聴いて頂き光栄でした。

登山を趣味とされている方にもぜひ山の信仰と山に登る人間の長い歴史について知って頂きたいと思っているので、こういうご縁は大切にしたいと思います。

2024年3月18日 (月)

出張講演「『大山地誌調書上』に記録された大山の姿」@伊勢原市 雨岳文庫

3/17(日)に伊勢原市の雨岳文庫から講師としてお招きいただき講演をしてまいりました。50人ほどのご参加者が大変熱心に聴いて下さいました。中には、万象房会員の方、相模国霊場研究会に参加している大学院生、伊勢原地区選出の県会議員の方、教育委員会の方、雨岳文庫を拠点に『新編相模国風土記稿』を調査している方々、大山道を踏査している方々、などなど、大山研究に対する意気込みを皆さんから感じた次第。

Img_7044
公益財団法人 雨岳文庫のホームページはこちら↓
https://ugakubunko.org/ohp/

今回の内容はスライド中心でご説明したので、レジュメはそのうちの省略版になりますが、こちらです。

Kigawa20240317

私の次回講演会は4/16(火)夜に、「町田グラウス山の会」の会員様対象に行います。

2024年3月 6日 (水)

講演会「『大山地誌調書上』に記録された江戸時代後期の大山の姿」@雨岳文庫(伊勢原市)

2024年1月21日 (日)

出張講演「丹沢・大山における山伏の歴史」@愛川町半原

神奈川県愛甲郡愛川町で地域の活性化と町政への政策提言などを行っている「愛川地区まちづくり協議会」から講師としてお呼び頂き、半原公民館で「丹沢・大山における山伏の歴史」というテーマで講演をしてきました。

町会議員やこの地域の重鎮の方々など老若男女の皆さんが、丹沢山麓の山伏の歴史情報を観光や地域振興に活かせないか?という視点で熱心に聴講して下さいました。

なお、私の次回の出張講演は、3/17(日)「東京大学史料編纂所蔵『大山地誌調書上』に記された大山の姿」@伊勢原市雨岳文庫の予定です。

土曜の夜の雨の中、町田~淵野辺周辺の渋滞がひどくて時間に間に合わないかとヒヤヒヤしましたが無事時間前に到着しておつとめを果たしてきました。今宵の内容は以下のレジュメの通り。

Kigawa20230120

2023年12月31日 (日)

本日の神奈川新聞で相模国霊場研究会が紹介されました。

Img_0238

http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2023年11月30日 (木)

第43回 日本山岳修験学会 霧島学術大会

Img_8492Img_8594Img_8519Img_8530 Img_8615_20231128232101Img_8675Img_8700Img_8708

鹿児島県霧島市まで出張してきました。第43回 日本山岳修験学会 霧島学術大会(共催:霧島神宮、霧島市教育委員会/後援:鹿児島県教育委員会、宮崎県高原町教育委員会)、11月25日(土)~11月27日(月)。紅葉が美しい霧島でした。

初日から、鹿児島県内唯一の国宝「霧島神宮本殿・幣殿・拝殿」のまさに国宝たる極彩色に囲まれた内部空間を拝観させて頂き、その素晴らしさに圧倒されました。午後のシンポジウムは、まさに二か所の高千穂を擁する南九州ならではの「天孫降臨と霧島」がテーマで、その中でも国指定重要文化財「霧島の神楽ー狭野神楽(宮崎県高原町)ー」の92歳の長老のお話に命をかけてお神楽を守ってこられた覚悟を感じ、感動しました。

2日目の研究発表は、南九州をフィールドにした研究発表が一件のみだったのと、鹿児島・宮崎で昔から地道な研究成果をあげてきた旧知の先生方のお姿が見えなかったのが残念でした。ただ、相模国霊場研究会でともに発起人として運営を手伝ってもらっている武井慎悟さんが若手研究者の新人賞とも言える奨励賞を受賞されたのがとても嬉しかったです。

最終日のフィールドワークは、3コースのうち念願の高千穂峰登拝コースに参加しました。噴火の影響で樹木が育っていないまさに絶景の火山群。朝は雨模様でしたが、登っているうちにどんどん雲が晴れ、地球の恐るべき力を視覚的に体感し、神仏への信仰心が生まれる必然的聖地地形であることを確信しました。

第44回学術大会は来年11月中旬、徳島県で開催されます。日本山岳修験学会は会員を常時募集しています。ご興味のある方はぜひご入会下さい。
http://www.sangakushugen.jp

2023年11月 6日 (月)

第9回 相模国霊場研究会

Img_5810Img_5814

今回の研究発表は以下のお2人が務めて下さいました。

1) 呉 珂(神奈川大学大学院 歴史民俗資料学研究科 博士後期課程)
「近現代相模大山の景観変遷と先導師の景観操作:絵地図、絵はがき資料と現在の動き」

2)飯塚 利行(清川村 文化財保護委員長)
「煤ヶ谷地区に残されたニホンオオカミの頭骨や前肢と武蔵御嶽信仰」

新しい方が4名もご入会下さり、質疑応答も含めて大変有意義な会となりました。神奈川新聞の記者の方やNHKダーウィンが来たのディレクターの方までオブザーバー参加下さいました。ご参加の皆様、ありがとうございました。

たくさんの観光客や登山者が訪れる大山ですが、その大山信仰を近世以来支えてきた門前町の先導師(もと御師)の現状を冷静に分析されていらっしゃる発表に、さて、大山はこの先どうなるのだろう?と思った方は多かったのではないでしょうか。発表者の呉さんは内モンゴルから留学されて相模大山の研究をしているという逸材。これからも応援したいです。

後半は、ニホンオオカミの講演会があるという誤解情報まで流れてちょっと受付に混乱をきたした注目のご発表。その頭骨や前肢のリアルな写真の紹介やその骨が呪物として地域にどのように伝承されて来たのか、とてもわかりやすい発表でした。宗教史研究で比較的明らかになっている18世紀前半のオオカミ信仰胎動期と、信仰の様相に謎の多い19-21世紀の呪物としてのオオカミの骨信仰。みなさん、オオカミに憑りつかれています。

次回は来年6月3日(月)の予定です。発表予定者も2人決まりました。私、城川と本田不二雄さん(ノンフィクションライター)です。詳細が決まりましたら改めて告知いたします。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/index.htm

2023年10月25日 (水)

本日の『朝日新聞』神奈川版に11/6相模国霊場研究会関連記事が掲載されました。

20231025

第9回 相模国霊場研究会のご発表者のお一人、飯塚さんの調査研究が『朝日新聞』に掲載されました。ずいぶん大きな記事でびっくり。さっそくお問い合わせ電話が入っています。でもオオカミの話の講演会と勘違いしていらっしゃるご様子。一応、入会して頂くことになります、とお伝えすると、それはちょっと、というご反応。それでは困るのですなあ。

http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/index.htm

2023年9月29日 (金)

合掌 大先達 岡本孝道師と山念仏

この本58ページで譜面として掲載させて頂いた山念仏の最高の唱え手で、前 伽耶院(がやいん、兵庫県三木市)ご住職 岡本孝道師が今年の5月21日にお亡くなりになったそうです。大峰修行での岡本大先達の山念仏を私は生涯忘れません。ありがとうございました。合掌。
28ページの記事↓
http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2021/07/post-aaf4b1.html

その他のカテゴリー

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ