お知らせ

2022年6月22日 (水)

144ページの図「浄書本と内閣文庫本の筆跡比較」(『新編相模国風土記稿』)

P144_hasuge_hide

いよいよ最後の図です。話を分かりやすくするために、八菅山が江戸幕府地誌調所に提出した報告書から、現代の我々が図書館で今までよく閲覧していた雄山閣本までのテクスト筆写の流れを図式化してみました。

この「碑伝二基」の部分については、内閣文庫本のみがサイズを間違えて記述してしまっているのは本書でお示しした通り。

そして、この件につきましては、以下提言いたします。
--------------------------------------

◆ 神奈川県及び各市町村への提言
「 陸軍文庫本を県民・市民・町民・村民が閲覧出来るように行政として予算化して取り組んで下さい」

※ 陸軍文庫本の複写には多額の費用がかかります。
(1枚につき213円=撮影130円+入紙13円+フィルム伸ばし70円)
※ 国会図書館での正式タイトル名は
『新編相模国風土記稿:125巻首1巻』(種別:和古書・漢籍)
請求記号:W244-4  国立国会図書館書誌ID:000003284871
※ 閲覧は古典籍資料室で可能

--------------------------------------
神奈川県立図書館にも、旧知の神奈川県議会議員にも直接提言いたしましたが、自分が生きている間に実現しそうな気がしないので、これが大事なことであるとお気づきの方はぜひ働きかけをお願いいたします。多くの地方自治体が、内閣文庫本が一番正確なはずという勘違いで貴重な住民税を無駄にしました。

2022年6月 6日 (月)

第6回 相模国霊場研究会

Img_1986282786009_419537939811287_83910272761911

「相模国霊場研究会」の第6回が相模大野の相模原市立市民・大学交流センターユニコムプラザさがみはらで開催されました。

本日の発表者は1)Kozic Joskoさん(ハイデルベルク大学大学院博士課程:ドイツ)「海外から観て研究される「修験道スタディーズ」と国境を越えた「グローバル修験道」 -大山信仰を軸に-」、と 2)私 城川 隆生「『大山地誌調書上』を読む(その1)」。

初対面のKozic Joskoさんのご発表に日本愛を感じたのは私だけではないと思います。欧米からも注目される日本の宗教文化。面白い時代ですぞ。

自分の発表は、研究発表というよりも史料紹介。歴史学・宗教学・民俗学 他の研究者、歴史ガイド、地方自治体教育委員会などの皆様に活用して頂ければという気持ちで、次回も今日の続きの部分を活字化してご紹介いたします。

次回は11月7日(月)15時、同じ場所です。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2022年5月30日 (月)

大山町調査(伊勢原市)

Img_3365

本日は天保6年(1835)『大山地誌調書上』に記録されている石造物で現存しているものがあれば写真におさめようと大山の麓まででかけました。

享保12年(1727)の夏、大山のふもとに石碑が建てられました。当時、大山山頂に祭られていた石尊権現(今は阿夫利神社本社)は救済の仏様、十一面観音菩薩でもあるとされていて、その記念碑のような石碑。その十一面観音を祭っていたお寺の跡地に、300年の時を超えてその石碑はまだ現存しています。「石尊御本地」とはっきり読めます。でも、ご覧のように今は横倒しになって単なる物置台。

この話も含めて、万象房で事務局を務めている相模国霊場研究会の第6回を6月6日(月)に相模大野で開催いたします。現在14名ご参加予定。5/31まで申し込みを受け付けています。ご興味のある方いらっしゃいましたらご連絡ください。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2022年4月20日 (水)

第6回 相模国霊場研究会のお知らせ

事務局を務めております相模国霊場研究会の第6回を開催いたします。

会場が相模大野に戻ります。会場の使用時間も15時からです。世の中が落ち着くことを祈りながら当日に向けて準備したいと思います。参加される方は5/31(火)までに必ず事前の参加申し込みをして下さい。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

-----------------------
【日時】
2022年(令和4年)6月6日(月)15時開場・会場準備・受付開始
 15時20分~18時30分
【場所】
相模原市立 市民・大学交流センター ユニコムプラザさがみはら
(小田急線相模大野駅 徒歩2分)
ミーティングルーム4(定員30名のところ感染症対策のため20名)
【会費】600円(場所代+事務諸経費)

【研究発表】

1) Kozic Josko(ハイデルベルク大学:ドイツ)
「海外から観て研究される「修験道スタディーズ」と国境を越えた「グローバル修験道」 -大山信仰を軸に-」
・ 近年注目されている「修験道」、特に海外で「修験道スタディーズ」として学術的に研究されている日本の山岳信仰に関する新たなアプローチをテーマとする。
・ 関東地方の修験者の講(行者講)の歴史を含むそれらの新たな動向を明確にしながら紹介し、更なる将来性も取り上げることを目標とする。
・ 聖地巡りや海外でも普及している修行体験を宣伝する主な寺社等から発信される情報伝達方法も考察の対象とする。

2) 城川 隆生(もと県立高校教諭)
「『大山地誌調書上』を読む(その1)」
 天保六年(1835)に大山町と大山寺が幕府地誌調所に提出した大部の『大山地誌調書上』は大山研究の中でいまだほとんど活用されていない。この書上をもとに『新編相模国風土記稿』が編纂されているが、その過程で地誌調所による大山一山の大きな捉え直しが行われ『風土記稿』に表現されたことを発表者はすでに論考等で明らかにしている。現代の大山研究にも影響を与えている『風土記稿』テクストは注意深く扱うべきである。そこで、大山町と大山寺の当時の自己認識が表明されている『大山地誌調書上』を丁寧に読む共同作業を行いたい。史料は東京大学史料編纂所蔵の大正10年の謄写版を使用し、今回は全20部中の前半18部の書上を読む。

【懇親会】
夜の大人数での会食を避けるべきことが社会的に要請されておりますので今回も事前の計画はいたしません。

2022年3月 5日 (土)

日本山岳修験学会第41回富士山学術大会オンライン参加

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/blog/2022/03/post-8cebc7.html

2022年1月20日 (木)

講演会「相模国霊場研究と『新編相模国風土記稿』原本の存在」(あつぎ郷土博物館、2022年1/23)中止

Fudokikoh_atsugi2022cancel

ただ今、厚木市から連絡が入りまして、あつぎ郷土博物館で今度の日曜日に予定されておりました私の講演会は、まん延防止等重点措置のため中止が決定されたそうです!
 昨年2月に予定されていた「中世の山伏(修験者)と異界の出入り口、山岳マンダラと江ノ島淵」の緊急事態宣言中止に引き続き2年連続で当たってしまいました。残念・無念・がっかり、ショック・・・。博物館のスタッフ・学芸員の皆さんもそうでしょう。お察し申し上げます。企画展示そのものはあるでしょうからそのうちお訪ねしたいと思います。

2022年1月 4日 (火)

厚木市立あつぎ郷土博物館「相模国霊場研究と『新編相模国風土記稿』原本の存在」

Fudokikoh_atsugi2022

1/23(日)に厚木市立あつぎ郷土博物館「『新編相模国風土記稿』が描くあつぎ」展の中で講座「相模国霊場研究と『新編相模国風土記稿』原本の存在」を担当いたします。
ご興味のある方はコチラまで↓
https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/atsugicitymuseum/schedule/27375.html


2021年11月 1日 (月)

第5回 相模国霊場研究会 無事終了いたしました。

248427158_310614557228834_48246931797596Img_0572_20211101221101

次回は2022年(令和4年)6月6日(月)午後の予定です。詳細は別途お知らせいたします。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2021年10月28日 (木)

第5回 相模国霊場研究会のお知らせ

相模国霊場研究会第5回のお知らせです。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

【日時】2021年(令和3年)11月1日(月)
13時開場・会場準備・受付開始
13時20分~16時30分

【場所】おださがプラザ(小田急相模原駅文化交流プラザ)
(小田急線小田急相模原駅 徒歩1分以内)
多目的ルームA(定員40名)

【会費】600円(場所代+資料代)

【研究発表】

1) 永井 肇(厚木市史編纂委員)
「平安時代末期の厚木飯山の考察」
 平安時代に成立した毛利庄の中心地である厚木市飯山には、飯山観音をはじめ、関東における定朝様の代表的秀作といえる金剛寺阿弥陀如来坐像がある。鎌倉時代には仏教研究の一大拠点になったと言われるこの地域の平安時代末期の景観を考える。

2) 大野一郎(厚木市立あつぎ郷土博物館)
「地神のイメージ、発行寺院と分布域」
 修験寺院が発行する地神は、新しい神ということで、男神、女神、諸神との混淆など、バリエーション豊富、出自が分かりやすいなど謎解きが楽しめます。館蔵の地神掛軸について、話題提供のレベルですが、お話しさせて頂きます。

【懇親会】
夜の大人数での会食を避けるべきことが社会的に要請されておりますので今回も事前の計画はいたしません。
---------------------------
 旧相模国を対象にした学際的な研究会です。ご賛同・ご参加して下さる有志を募っております。旧相模国内の霊場についての研究を行っている研究者同士の学問分野を越えたローカルな情報交換の場として2019年(令和元年)6月に発会いたしました。
 宗教学・歴史学・民俗学・文化人類学・考古学・地理学・文学・建築学・生物学といった学問分野を越えてご参加頂ければ本望でございます。
 現時点では特に参加条件は設けておりませんが、引き続き次回以降の研究発表をして下さる意欲のある皆様にご参加頂ければと願っております。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2021年9月29日 (水)

日本山岳修験学会『山岳修験』第67号「『相州大住郡日向薬師縁起』仮名交り文縁起について」

Img_0426

昨年の緊急事態宣言中に仕上げた拙論が、日本山岳修験学会『山岳修験』第67号に掲載されました。タイトルは「『相州大住郡日向薬師縁起』仮名交り文縁起について」。江戸時代以前の日向薬師に伝来していた5種類の縁起を分析してその系譜を明らかにしたものです。

この一年半の間に、査読(審査)や修正などもあって、しかもこのコロナ禍での編集委員の先生方の今までとは違うご苦労もあったものと推察いたします。ご興味のある方はぜひお読み下さい。相模国霊場研究会の皆様と丹沢山麓自治体の図書館には抜き刷りお送りいたします。

その他のカテゴリー

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ