展望

2022年1月11日 (火)

114ページの写真「竜ヶ馬場から見た大山」

P114_ryuugabanba

文化2年(1805)に佐藤さんが大山を遥拝した辺りは、日向山霊山寺(伊勢原市)の山伏は入峰修行の中で「竜ガ馬場」と呼んでいました。佐藤さんは気付かなかったのかもしれませんが、ここに龍樹菩薩が祭られて碑伝が納められていたようです。日向山伏の常連坊が書き残した『峯中記略扣』には、尊仏岩の次の行所としてこうあります。
----------------------------

是ヨリ登リ龍ガ馬場也此所百間程ノ長サニ而広ハ五間位ノ馬場ノ形也此中所ニ竜樹菩薩ノ尊有是ニ札納而モ此馬場ニ而竜樹ボサツ馬ニ御ナリ相成候ト云伝也

----------------------------
馬の話が出てきますが、これはもちろん信仰上の神話です。山伏たちが名付けた地名が現代の登山地図にそのまま使用されている例は本書で紹介しています。この写真は2005年4月6日の昼前に撮影したデータ記録になっています。当時持っていたカメラが安物なので画質はイマイチですが、本書で使った写真にフォトショップでつなげてパノラマ写真も当時作ってあったのでここではそれを掲載します。

ところで、まず馬が登って来られそうにないところに「馬場」がつく地名が多いのは北陸の白山だと思います。『白山山頂遺跡群調査報告書』(石川県白山市教育委員会、2011)によれば、まず山頂へ向かう3本の禅定道(登拝ルート)の始点が「美濃馬場」「越前馬場」「加賀馬場」。山中では、美濃禅定道には「南竜ヶ馬場」、越前禅定道には「相撲の馬場(仕舞の馬場)」、加賀禅定道には「北竜ヶ馬場」。山中の「馬場」地名とその神話は中世山伏の広域修行ネットワークを通じて丹沢山地にも運ばれて来たんだろうと思っています。

そして白山にまたいつか登ってみたい。これも2005年秋の思い出写真
Panorama3hakusan

2021年12月30日 (木)

110ページの鳥瞰図「『黒尊仏山方之事』の参詣コース」

P110_ninomiya4500m

この鳥瞰図も、カシミール(https://www.kashmir3d.com)と山旅倶楽部(http://www.yamatabi.net/main/index.html)で作成しています。作図についての詳細はこちらで↓。
http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2021/01/post-9c5dee.html

19世紀の初め、大山寺の御師の一人が、大倉から蛭ヶ岳までを日帰り参詣登山した貴重な記録を鳥瞰図で読者の皆様にわかって頂ければと作図いたしました。

ちょうど先週、このコースの一部をトレーニングがてら歩いて来ました。文化2年(1805)に歩いた佐藤さんは、富士山・愛鷹山・箱根山・伊豆を拝めたのでしょうか?書き残していないところをみると天候に恵まれず拝めなかったのかもしれません。この絶景を見たならば書き残すだろうと思うのです。
Mtfuji1_tohgatake20211223Mtfuji2_tohgatake20211223_20211230232301

2021年11月29日 (月)

103ページの写真「那智の滝」

P103_nachinotaki

2003年9月12日、初めて拝む那智滝に圧倒されながら写真を撮影しました。大峰奥駈修行中に携帯していた当時のカメラの保存容量が少なかったためにわずかしか撮影していないのが残念。

参拝所に写っている山伏さんたちは大峰で同行だった方々です。31ページの写真「熊野本宮大斎原と大峰の山々」にも思い出話を書きましたが、大峰修行の最後の行事(熊野三山巡拝、これはバスで移動)の最終ポイント那智で同行だった皆様と別れ、自分は単独行動のフィールドワークを開始しました。

まずは、午後からこの那智滝の上へ。那智滝は江戸時代までは「飛瀧権現」という神名で信仰されていました。もしやそれは海(熊野灘)の船上から滝を遥拝した人々が山中を飛ぶ神仏の柱のように見立てたネーミングではないかと勝手に妄想し、ということは、滝の上からも熊野灘の海原が見えるはずだと、山道を登っていきました。

結論、滝口へは近付けませんでした。神聖でなおかつ危険な場所なので当然でした。ただ、この大滝は一ノ滝で、この上流には二ノ滝、三ノ滝をはじめ立派な滝群が「那智四十八滝」として存在しています。そして、感動したのはこの上流部の原生林の森の豊かさです。この大滝の上に魚の大群が泳ぎ回っているとは想像もしていなかったので、ただただわーっと声を出して見とれてしまいました。アマゴ?タカハヤ?どなたかご存じでしたら種類を教えて下さい。

2021年10月27日 (水)

90ページの写真「日向山の森から大山山頂を望む」

P90_hinata_forest_ohyamaP90_hinata_forest2

日向山と日向薬師周辺は紅葉も美しいです。それも藤野集落まで歩行者しか通行できない日向川に沿った道を歩いて訪れると素晴らしい景色に出会えます。もうすぐ秋が深まって紅葉シーズンです。

行基が薬師如来像の良材を探し回ったという縁起の舞台、日向山の森です。本書では現代語に訳してご紹介したので、国立公文書館蔵『相州大住郡日向薬師縁起』仮名交り文のその部分の原文を以下引用します。
-----------------

…(前略)…
汝に囑す勉て我か相を模して此を将来に貽せ
其これに帰しこれを禮する者衆病悉く除き亦心疾を治せん
於是汝か情素満し我か願も亦足なん
然して後ニ利益備ハり能事此に畢なん
因て樹葉(相伝て梅椿檀の葉といふ)を與て曰
樹葉の至る所即ち汝か止る所
汝か止る所是我か像の存する所ならんと言終て即ち隠れ給ふ

基未曾有なる事を得て礼拝讃揚し喜感心に徹し渇仰声を起す
遂に乃ち佛語に任せて樹葉を擲るに其葉揺々曳しとして
此山に止る(伝らく今堂前の三株樹ハ是其遺蘖なりと)

爰に良材を求て像を造らんと欲して周く山澤を訪ふに得る所なし
時に二の神人有て数尺の香木を持し来て基に授て曰
此ハ是古昔佛世に優填王釋尊を仰慕して
天工をして尊像を刻しめし餘材なり
石槨に封閉して今猶朽ず吾儕熟師の誠心を感じて
特に力を運てこれを得たりと
基乃ち歓喜してこれを受て相約して言く
冀ハ英霊を此に崇めて永く我か寺の護法とせん
其姓名を問へハ則ち曰
熊野権現白髭明神なりと今山門の左右の二社是なり
…(後略)…

-----------------
この縁起の全文の翻刻は拙稿「『相州大住郡日向薬師縁起』仮名交り文縁起について」(『山岳修験』第67号、日本山岳修験学会、2021)に掲載いたしましたので、ご興味のある方はぜひお読み下さい。

2021年9月21日 (火)

79ページの写真「子易明神の社叢と大山」

P79_koyasu_myojin_20210921215601

『新編相模国風土記稿』にはここ子易明神の境内図も描かれているので、これも、陸軍文庫本・内閣文庫本・刊行本それぞれの挿絵を比較したら違いがわかって面白いだろうなあ、と思いましたが、如何せん、上糟屋村が掲載されている巻之四十四(大住郡巻之三)の原本(陸軍文庫本)は前回ご説明した事情から入手しておりません。

伊勢原市の市史編纂でも内閣文庫本が一番正確なはずという誤った信念から内閣文庫本がそのまま使われたのが残念。ここは市民の税金を有効に活用するために陸軍文庫本の複写紹介に舵を切って頂きたいと思いますが、自分は伊勢原市民ではないのでそれ以上は申し上げられません。

大山山頂へ真っ直ぐ伸びる参道と拝殿は、ここが古代中世の大山遥拝の社から始まっているに違いないという感覚的確信を呼び起こします。境内には、江戸時代にもご神木とされていたケヤキ(欅)の他にも、伊勢原市の保存樹木になっている見事なナギ(梛木)の木もあって、熊野信仰の影響と思いますがお守りに葉っぱも入れていらっしゃるそうです。

個人的には、一番奥に生えているカゴノキ(鹿子の木)も見事だと思います。
P79_koyasu_myojin_kagonoki

2021年9月 7日 (火)

75ページの写真「仏果山から拝む大山」

P75_ohyama_bukkasan

山岳信仰の昔の姿を探る時に、里から見た山の景観が重要な要素なのは常識です。なので、相模大山の姿はどこから眺めるのが見事だろうと、常に意識して歩いていますが、やはり一番は有無を言わさず平塚市(※16ページの写真「平塚市北部から見た丹沢山地と大山」参照)。ピラミダルな姿と丹沢山地がほとんど見えない所がポイントです。相模川を渡った東側や、相模川をさかのぼった北側へ行くと、大山北尾根が見え始め形が崩れてきます。そして東側では富士山の姿も視界に入りやすくなって大山の存在感がちょっと薄れてきます。

この仏果山から見た大山も、なかなか見事だと思います。右側に標高の高い丹沢山地の山々も見えますが、存在感ではそれほど負けていません。そして大山北尾根や三峰山は手前に伸びているので、大山がここでもピラミダルな姿で拝めます。半原で仏果山が「大山の背面鎮護」、「正身の不動明王」が現れる「明王嶽」とされたのも景観的に納得できます。

2021年7月29日 (木)

60ページの写真「大山と平沢御嶽神社の参道」

P60_hirasawamitakejinja

ここ秦野市平沢に所在する御嶽神社の創建は相当に古いと言われていますが、詳しいことは何もわかっていません。ただ、参道「御嶽道(みたけどー)」という地名、樹齢800年とも言われている境内の巨木、などから考えて、中世以前にさかのぼるのは確実だろうと思われます。

以前神社に掲示されていた説明書きには、「建久三年(1192)の頃より神社前の参道を御嶽道と称し、…」、「明徳三年 (1392)四六貫五百文の当社家領が寄進されている」などと記されていました。その根拠となる同時代史料はありませんが、それくらいの古さは感じられます。

ただ、この「四六貫五百文」は戦国北条氏の『小田原衆所領役帳』にある「一、大森殿 四拾六貫五百文 中郡 平沢社家分」から引っ張ってきた数字のような気もいたします。つまり、小田原北条氏に滅ぼされた国衆大森氏の子孫の誰かが北条氏のもとで平沢社家分の領主だったということでしょうか。少なくとも社領では全くないと思います。そしてこの『小田原衆所領役帳』には御馬廻衆の所領として「一、中村平四郎 弐拾八貫文 中郡 平沢寺分」ともあります。

「社家分」と「寺分」、平沢村は江戸時代に入ってからもそれぞれに別の領主がいて分かれていました。この「社家分」と「寺分」は御嶽蔵王権現社の祭祀を行う担当者に神主と僧侶の両者がいて、戦国時代の段階ですでに神仏分離的な状況が始まっていて生まれた地名呼称ではないかと推測します。

それでも、『秦野市史』(第4章第3節 平沢村)によれば、享和元年(1801)になっても、遷宮の儀式についてその両者(神主と天台宗西光寺)は争いながらも役割分担をしながら行っていたことがわかっています。神仏習合(最近は融合とも)状態は続いていました。

神社の説明書きにはさらに「慶長十三年(1608)踊宮鈴張の地に家康公鷹狩の節当社に参拝、社殿の 改修を命じた。翌慶長十四年(1609)に改修、…… 現在の本殿はその時のもので神職は白川家の配下であった。宝永八年(1711)二月十三日宗源宣旨 により正一位御嶽蔵王権現と称えられ(当社古文書)……」などともありました。

家康が鷹狩に来たかどうかはともかくとして、慶長十三年(1608)に神職が白川家門人だったはずはありません。これは嘘です。相模国で白川家配下の神職の初出は寛政年間です。当の白川家の『白川家門人帳』にはこうあります。
-------------------

寛政九巳年(1797)二月
一、入 門
(中奥御小姓、土屋山城守知行所)
 大住郡 平澤村 御嶽宮神主 草山兵庫  

-------------------
なので、宝永八年(1711)二月十三日宗源宣旨というのもありえません。しかも、当時、宗源宣旨は白川家ではなく神職の本所 吉田家が全国の神職に対して行っていたものです。このように神社の説明書きは作り話多しです(場合によっては仏閣も)。たとえ信仰と信心の問題とは言え、宗教者も氏子の皆さんも人文科学の最新の研究成果に目を配って欲しいものです。

ところで、現在はこの御嶽神社の神主家が明治時代に勧請した出雲大社の方が大きく目立っています。歴史ある御嶽道の入口の交差点も「出雲大社入口」になってしまいました。

かつて、神奈川県立相模台工業高校では、社会科の授業として、一年次全科全クラスが、クラス毎に秦野盆地を歩き回る野外授業を行っていました。2学期末の社会科のテストの内容は100%秦野(地理・歴史・信仰・産業・経済)です。事前学習からレポート提出まで、これをこなさなければ単位は出さない進級させないという通過儀礼のような気合の2カ月半。この御嶽神社の境内をお借りして高校生諸君と取っていたお昼のお弁当タイムが懐かしいです。3クラス担当していると週に3回も来ていました。自分の高校教師時代の経験の中で唯一無二最高の授業でした。

2021年7月27日 (火)

59ページの写真「吉野と蔵王堂の周辺(奈良県吉野町)」

P59_yoshino

吉野と言えば、7世紀の吉野離宮以来、数々の歴史的大事件の舞台でもあり、日本を代表する歌枕の地です。しかも大峰奥駈道の起点終点として山伏にとっての重要な聖地、つまり全国にある「蔵王」や「御嶽・御岳」といった地名の発信地であります。そして古代以来の桜の名所です。

一生に一度で良いから桜の季節に吉野に行ってみたかったのです。2003年の4月、聖護院の葛城修行を終え京都に戻った後、一人で吉野まで遠征フィールドワークに出かけました。近鉄吉野線吉野駅を降り立つと雨でした。
P59_yoshino2

蔵王堂にお参りして、時間の許す限り大峰奥駈道の入口まで登ってみようと上千本まで登ってくると奇跡的に雨が上がり、満開が近付いた中千本の桜がまだ咲き始めの上千本から見渡すことが出来ました。

そして、山の端に残った雨上がりの雲が向こうに見えました。
この歌の世界でしょう!
◆「おしなべて花の盛りになりにけり 山の端ごとにかかる白雲」(西行『山家集』平安時代末)
どこもかしこも花盛りだ。どの山の端にも白雲がかかっている。

◆「吉野山梢の花を見し日より 心は身にも添わずなりにき」(〃)
吉野山の花をはるか遠くから望み見たその日から、私の心は花でいっぱいになって落ち着かない。

◆「もろともにあはれと思へ山桜 花よりほかに知る人もなし」(行尊『金葉和歌集』平安時代後期)
山桜よ、私がお前を美しいと思うように、お前も私をそのように見ておくれ。ここ大峰山中では、修行する私の心を知る者はお前の他にいないのだから。

解釈は全部西澤先生のご著書からの引用です。西澤美仁『西行 魂の旅路』(角川学芸出版社 2010)。以前、この本知ってる?と西澤先生から直接勧められたのですぐ購入して重宝しています。

2021年7月20日 (火)

56ページの鳥瞰図「八菅山伏の行場(南大沢駅上空2500mから)」

P56_hasuge_minamiohsawa

これもカシミール(https://www.kashmir3d.com)と山旅倶楽部(http://www.yamatabi.net/main/index.html)を使用して作成。いつものように上空からは起伏の差がわかりにくくなってしまうのでタテ2倍強調です。

30あった行所のうち、従来言われていた行所位置が聖護院蔵『相州愛甲郡八菅山付属修行所方角道法記』の記述によって何か所か再検討が必要になっているのと、この視点からは見えない行所や隣接していて地図上で詰まってしまうところは省略しています。ご存じの通り最終行所30番は大山寺本堂(不動堂)、つまり現在の阿夫利神社下社の位置です。

3番屋形山は採石によって山そのものが消滅してしまったことがよくわかります。

八菅山伏の国峰修行30行所については、本書以外に今までに以下の諸論考が発表されています。
・拙稿「「相模の国峰」再考-『相州愛甲郡八菅山付属修行所方角道法記』と『相州八菅山書上』-」(『山岳修験』第62号、2018)
・拙著『丹沢の行者道を歩く』(白山書房、2005)※『相州愛甲郡八菅山付属修行所方角道法記』に照らして要修正検討
・宮家準研究室『修験集落八菅山』(愛川町、1978)※『相州愛甲郡八菅山付属修行所方角道法記』に照らして要修正検討

という訳で、現在、『相州愛甲郡八菅山付属修行所方角道法記』を分析しながら八菅山伏の行所を踏査して下さる意欲のある奇特なフィールドワーカーの出現を期待しております。

2021年7月 6日 (火)

2004年5月の熱海伊豆山

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/blog/2021/07/post-ab1e32.html

その他のカテゴリー

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

無料ブログはココログ