« 141ページの写真「『新編相模国風土記稿』浄書本の蔵書印」 | トップページ | 大山町調査(伊勢原市) »

2022年5月22日 (日)

143ページの図「大山図の比較」(浄書本と内閣文庫本)

P143_ooyamazu_hudokiko

『新編相模国風土記稿』諸本の比較にはやはり図がわかりやすいかと思いましてこの「大山図」を掲載しました。陸軍文庫本(国会図書館蔵)、つまり江戸幕府地誌調所本の精細さが一目瞭然かと思います。ただ、陸軍文庫本は明治時代に、明治新政府の地誌課や、鳥跡蟹行社の方々がこれを原本に筆写する時に綴じ込みを一度ばらして筆写してまた綴じ直したのでしょう。不自然に綴じ込みが固くて中央部は読めません。しかも大山の部分はページの順番まで狂ってしまっています。いわゆる錯簡です。

1月に中止になったあつぎ郷土博物館の私の講演では以下の大山図の全体を4種類すべてお示しして、聴講のみなさんに間違い探しをして頂こうと思っていましたが、ここで公開します。写し間違いですぐに気づくところが一ヶ所あります。八大坊下寺(現在は阿夫利神社社務局)の文字の左の竹林らしき小さな林を描き忘れている写本が一つだけあります。さて、どれでしょう?

P143_ooyamazu_hudokiko_all

なお、文字の異動箇所につきましてはこちら↓で公開しています。
http://musictown2000.sub.jp/history/hudokikoh_ohyama.html

« 141ページの写真「『新編相模国風土記稿』浄書本の蔵書印」 | トップページ | 大山町調査(伊勢原市) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 141ページの写真「『新編相模国風土記稿』浄書本の蔵書印」 | トップページ | 大山町調査(伊勢原市) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ