« 143ページの図「大山図の比較」(浄書本と内閣文庫本) | トップページ | 大山町調査(伊勢原市)その2 »

2022年5月30日 (月)

大山町調査(伊勢原市)

Img_3365

本日は天保6年(1835)『大山地誌調書上』に記録されている石造物で現存しているものがあれば写真におさめようと大山の麓まででかけました。

享保12年(1727)の夏、大山のふもとに石碑が建てられました。当時、大山山頂に祭られていた石尊権現(今は阿夫利神社本社)は救済の仏様、十一面観音菩薩でもあるとされていて、その記念碑のような石碑。その十一面観音を祭っていたお寺の跡地に、300年の時を超えてその石碑はまだ現存しています。「石尊御本地」とはっきり読めます。でも、ご覧のように今は横倒しになって単なる物置台。

この話も含めて、万象房で事務局を務めている相模国霊場研究会の第6回を6月6日(月)に相模大野で開催いたします。現在14名ご参加予定。5/31まで申し込みを受け付けています。ご興味のある方いらっしゃいましたらご連絡ください。
http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

« 143ページの図「大山図の比較」(浄書本と内閣文庫本) | トップページ | 大山町調査(伊勢原市)その2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 143ページの図「大山図の比較」(浄書本と内閣文庫本) | トップページ | 大山町調査(伊勢原市)その2 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ