« 63ページの写真「大峰山上ケ岳の女人禁制門」 | トップページ | 66ページの写真「伊勢原市板戸の首無し神変大菩薩像(役行者像)」 »

2021年8月13日 (金)

64ページの写真「大山の女人禁制碑」

P64_nyoninkinzeiP64_nyoninkinzeihiP64_28chome_oiwake

天保6年(1835)、相模国大住郡蓑毛村(現在の秦野市蓑毛)は『新編相模国風土記稿』編纂事業を行っていた幕府地誌調所に『地誌御調書上帳』を提出しています。
(『秦野市史』近世資料編1 1985、青山孝慈・青山京子編『相模国村明細帳集成』第二巻 岩田書院 2001、白井哲哉『日本近世地誌編纂史研究』思文閣 2004)

提出先は「地誌御用御出役 水野弥右衛門様 朝岡伝右衛門様」、提出者は蓑毛村の「百姓代」一人・「組頭」三人・「修験 密正院」・「年番名主」、計6名の連名です。その中にこうあります。
------------------------------------

・・・・・・・・

一 坂之儀者、大日堂ゟ石尊道迄登り五拾三町、但、廿八町目ゟ追分有之、不動尊道界迄二町、

一 木戸壱ヶ所 高サ六尺八寸 横幅六尺、
   右者石尊宮・不動尊追分ニ有之候、石尊宮西口一ノ木戸、

・・・・・・・・

------------------------------------
つまり、蓑毛から登って53町で大山寺不動堂(現在の阿夫利神社下社)から石尊(山頂)を目指すメインの登山道と合流。ただし、その手前の28町目から分かれ道があり不動尊(現在の阿夫利神社下社)道境まで2町、としています。

そして、木戸は石尊宮(山頂)と不動尊(現在の阿夫利神社下社)の分かれ道にあって、石尊宮(山頂)西口の一の木戸。

まぎれもなく、女人禁制碑と二十八町目の石碑が立っているこの場所です。今「かごや道」と呼ばれているのが蓑毛から大山寺不動堂境内(現在の阿夫利神社下社)への古い道。この道は蓑毛の人にとっては「不動尊道」だったようです。二十八町目の石碑は小田原千度小路講中の奉納。美味しい魚と蒲鉾の匂いが漂ってきそうな石碑ですなあ。

« 63ページの写真「大峰山上ケ岳の女人禁制門」 | トップページ | 66ページの写真「伊勢原市板戸の首無し神変大菩薩像(役行者像)」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 63ページの写真「大峰山上ケ岳の女人禁制門」 | トップページ | 66ページの写真「伊勢原市板戸の首無し神変大菩薩像(役行者像)」 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

無料ブログはココログ