« 42ページの写真「聖護院」 | トップページ | 44ページの写真「平安時代の資料にも記されている大峰第三十八行所の深仙宿」 »

2021年5月15日 (土)

44ページの写真「空鉢嶽 尾高宿」の跡地

P44_odakasyuku

かつては、厚木市の弁天の森キャンプ場をベースにしたハイキングコースがこの尾根の中に整備されていて、この宿跡は「すり鉢広場」と命名されて近くに四阿が出来たり、「見晴広場A」とか「見晴広場B」とか「ひょうたん広場」とか、案内板と山道の整備が厚木市によって進められていた時代もありました。

が、今や、キャンプ場も廃止されて、この尾根周辺の登山道もかなり荒廃してしまったのではないでしょうか。バリエーリョンルート山歩きマニアの皆様に特化した山域になりつつあるような気がいたします。

昔は子供たちを連れて歩いたりもした尾根だったので、気楽に考えてこの写真を撮りに行った時には、不動尻へ下る巨木の森コースは消滅していたり他にも相当荒れていてちょっと焦りました。

『タウンニュース』のこんな記事↓を見つけました。
https://www.townnews.co.jp/0404/2012/07/06/150488.html

もしや、このエリアのキャンプ場利用客が減ってしまったかなりの原因はあの生き物ではないかしらん?と思いますが、いかが?

« 42ページの写真「聖護院」 | トップページ | 44ページの写真「平安時代の資料にも記されている大峰第三十八行所の深仙宿」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 42ページの写真「聖護院」 | トップページ | 44ページの写真「平安時代の資料にも記されている大峰第三十八行所の深仙宿」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

無料ブログはココログ