« 23ページの写真「清川村煤ヶ谷の八幡神社に納められていた碑伝と護摩札」 | トップページ | 28ページの写真「石尊大権現」「大天狗」「小天狗」の狛犬台座 »

2021年3月 9日 (火)

25ページの写真「発見された石造碑伝」

P25_sekizouhide1P25_sekizouhide2

2003年(平成15)、この石碑が発見されたお話を当時寿町にあった厚木市郷土資料館(現在は移転して あつぎ郷土博物館)で伺った時は、身震いしたことを覚えています。もう日が沈み始めて暗くなりかけていましたが、すぐに車を飛ばして現地に向かい、まだ地面に横たわっていたこの石碑の大きさと山伏たちの名前と修行記録に感動して興奮しました。場所はココ(Google マップ)です。

本書で使った写真は翌日の日中に再度行って撮影したものです。最初に行った時の車のヘッドライトで照らしながら撮影した様子もご紹介。

ただ、自然になのか人為的になのか、摩耗がひどく全部は読み切れません。判読出来るところをご紹介いたします。

なお、この碑伝の拓本が神奈川県立歴史博物館の特別展「鎌倉ゆかりの芸能と儀礼」図録(2018)に掲載されました。それによると、どうも側面にも何か書いてあったようです。いずれにしても判読不能です。

----------------------------------
◆石碑1(ヨコ30.4cm、タテ38cm、上部のみの残欠)
(中央上種子)
 カンマン(流れカンマン)・・・不動明王
(中央文字)
「奉祈」
(右)
「七所大権現」
(左)
「□(三カ)所大権現」

◆石碑2(ヨコ30.7cm、タテ84cm、主体部、下部を欠いている)
(中央文字)
「□下奉平□日向山大先達□□□□□権大□□□□院教」(以下欠)
(右)
「大先達権大僧都大泉院隆賀當峯八度 権少僧都能光坊慶春當峯三度
 大先達権大僧都大蔵坊□□當峯九度 権少僧都西□坊□□當峯五度」
(右下)
「権律師林泉房」
(左)
「大先達権大僧都智大坊賢賀當峯八度 権少僧都□圓坊慶春當峯□度
 大先達権大僧都常蓮坊□□當峯七度 権少僧都圓光坊傳秀當峯三度」
(左下)
「以上同行」
----------------------------------

« 23ページの写真「清川村煤ヶ谷の八幡神社に納められていた碑伝と護摩札」 | トップページ | 28ページの写真「石尊大権現」「大天狗」「小天狗」の狛犬台座 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 23ページの写真「清川村煤ヶ谷の八幡神社に納められていた碑伝と護摩札」 | トップページ | 28ページの写真「石尊大権現」「大天狗」「小天狗」の狛犬台座 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

無料ブログはココログ