フォト

Sports/身体運動&観戦

2019年10月15日 (火)

一年前のW杯フライヤー

Img_7905

万象房のドアの一番目立つところに貼ったのは一年前。話題にして下さる方はほとんどいませんでしたが、一年経ってこの秋、やっと皆さんが話題にして下さるようになりました。良かった良かった。

2019年9月29日 (日)

W杯パブリック・ビューイング

Img_7678

オーストラリア対ウェールズ、おそらく予選リーグで一番の実力伯仲好カード。この試合こそ見逃せない。万象房臨時休業日、チケットのリセール入手も難しく、横浜みなとみらいのパブリック・ビューイングに出張。

ビールとフィッシュ&チップスを持って歩いていたら「きがわさん!」と声をかけられてびっくり。なんと台工(かつての相模のオールブラックスですぞ!)以来の仲良し清田先生。またビールを飲み過ぎ。ワールドカップは身体に悪いかもしれない。

Img_7666mini

日本チームもアイルランドチームもお疲れさまでしたm(__)m

2019年9月27日 (金)

イングランドも強し

2019年9月22日 (日)

生アイルランズ・コール

満員の横浜。6万人の中でアイルランズ・コール。一年越しの宿願。今日午後は仕事をさぼらさせて頂きましたm(__)m。アイルランド人もスコットランド人もビール飲み過ぎ。トイレの列も長過ぎ。

2019年9月21日 (土)

ワールドカップ開幕

初めてスタジアムでラグビーの試合を観戦したのは、1991年の秋、横浜三ツ沢競技場。高校ラグビーの神奈川県決勝。もちろん勤務先だった相模台工業高校ラグビー部の応援に行った。相手は桐蔭学園高校ラグビー部。相模のオールブラックス台工の圧倒的な完勝。普段の授業では眠そうにしていた連中が輝いていた。そして、全校応援の桐蔭学園の若い悲鳴と父母会・後援会のおじさんおばさん主体の応援のおーっという低い歓声の対比が面白かったことを今でも覚えている。

1991年の暮れからは毎年、大阪の花園競技場へ全国大会の応援に通った。ラグビーの聖地 花園で台工グッズが売られ台工の名前が尊敬とあこがれのまなざしで語られているのがいつもとても誇らしかった。

1993年、浦田くん(筑波大、三菱重工相模原)を主将に全国優勝。翌1994年も難波くん(帝京大、トヨタ)を主将に連覇。難波くんは、その後、2003年のワールドカップ(オーストラリア)にも出場。善戦するも全敗。世界ではなかなか歯が立たないのかと思っていたし、日本で開催されるなど考えられなかった。今朝は昔の同僚から連絡があった。隔世の感がありますね。全くその通り!

2019年9月18日 (水)

アイルランドの叫び

いよいよ近づいてまいりました。
覚えておかなきゃならぬラグビー・アンセムの一つ「アイルランズ・コール」。昨日から日曜日に備えて歌の練習開始。
 アイルランド代表はアイルランド共和国とイギリス北アイルランドの国境を超えた合同チーム。メンバーにはアイルランド人の他にも南アフリカ人もいるしニュージーランド人もいるしカナダ人もいるのです。国籍なんて関係ない。所属協会でのプレイ経歴第一。国歌なんて歌うわけがない。純粋な民族主義で戦うよりよっぽど未来志向で世界にとって有意義だと思います。スコットランド代表しかり、日本代表しかり(このチームは国歌を歌う。変えれば良いのに)。

 

2019年8月26日 (月)

高尾山・小仏城山トレーニング

Img_6936Img_6939Img_6956

なかなか完治しない捻挫して3か月の右足首ですが、ちょっと長めに歩いてみようと、午後から出かけて高尾山6号路から小仏まで早歩きしてまいりました。しかーし!豪雨に遭遇。久しぶりにやられました。森の中の枝を広げた大木の下に避難しても効果なし。ずぶ濡れになりながら大笑いしておりました。小仏宝珠寺のカゴノキ(東京都指定天然記念物)までたどり着くと雨は上がりました。

2019年8月17日 (土)

今朝の高尾山

Img_6847Img_6853

久しぶりの晴れ、気温が上がる前にトレーニング。今朝は日影沢から登って蛇滝に下るコース。山頂からは富士山が大室山の右側奥に見えました。ヌスビトハギ(かな?)も秋の装い。

2019年8月12日 (月)

今週の高尾山トレーニング

歩いていたらなんと蝉が足に止まりました。びっくり仰天。しかもヒグラシの模様。ヤマホトトギスの花がたくさん咲き始めました。
Img_6819Img_6815

より以前の記事一覧