フォト

Sports/身体運動&観戦

2021年2月20日 (土)

清川村煤ヶ谷で八菅山伏のお話

Img_5412b

本日は、神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷まで出張して、山を走るトレイルランナーの猛者の皆様に「八菅山伏の修行ーその歴史と地理ー」のお話をさせて頂きました。聴いて下さっている方の半分以上はオンラインでネットの向こうの別会場やご自宅なので、どのように伝わっていたのでしょう?放送業界のプロの方々など聴衆の反応を見ずにお話できる方はすごいなあと思います。

素人オンラインでも、音質や画像のクオリティにそれほどこだわる必要がない分野ならば、仕事としてありだなあと思った昭和おじいさんの私。そして、本日聴いて下さった猛者たちは明日朝2時から一日でこのコース↓を走破することをもう7年も続けていらっしゃる。未来を感じます。今年も成功を祈る。

Hasuge_ohyama

2021年1月28日 (木)

景信山トレーニング

Img_5202Img_5199Img_5201

少し身体がなまってきているような気がしたので午前中半日登山トレーニング。9時半着の小仏バス停から景信山山頂まで、夏は45分だったから、気温の低い今はもっと早くたどり着くだろうと思ったら48分!やはり、なまってます。

標高700mを超えると、あちらこちらに積雪あり。下り始めると粉雪が舞い始めました。11:40のバスに乗るべく下ってきたらみぞれ、そして八王子の街は雨でした。

2020年12月28日 (月)

年の瀬の大山

Img_4606bImg_4619bImg_4645b

年の瀬の大山。昼過ぎには西からだんだん雲も取れて、山頂からの丹沢山地の展望が素晴らしい。中世の大山の山伏たちはこの景色を見てあの峰々に行者道を開拓していったはずだという強い確信を持つことができる場所です。

しかし、多くの登山客は山頂トイレを利用しても、その裏の絶景ポイントや大山北尾根には足を向けないのが残念。

ちょうど28日は不動明王の縁日。大山不動は鎌倉時代に鉄仏が鋳造されましたが、それ以前は山頂で良弁が感得したと伝承されていた木造の不動明王が本尊だったはずです(『大山縁起』真名本)。明治維新以降、不動堂の場所は阿夫利神社へと姿を変えた大山ですが、かつての茶湯寺「来迎院」の場所に規模を縮小して復活している大山不動で往時をしのびつつ、朝は曇りであきらめかけていたのに良い使えそうな写真が結構撮れたことに感謝。

2020年12月12日 (土)

万象房14周年レクリエーション・ハイキングをもちまして本年のアニバーサリー・イベントすべて終了。

Img_4343Img_4344Eaa0c1bf33a8467fa5b681d7867cd107

万象房14周年レクリエーション・ハイキング「飯山観音」(坂東三十三観音第六番)を目指す―Covid-19鎮静祈願観音巡礼―、無事終了いたしました。ちょうど10名様の万象房登山隊。歩行距離約13km。累積標高差はけっこうあったかも。どこが初心者向け楽勝ハイキングだ?とクレームの嵐。でも紅葉の最も美しい今、Covid-19のおかげで運動不足の身体を鍛え直すことに多少はご協力出来たのではないかと(笑)。

そして十一面観音に祈りを捧げ帰途につきました。まるで東大寺二月堂で有名な「十一面観音悔過」。懴悔の山登り苦行を経てこの世の安寧を祈る我々でした。今年は宴会を自粛して打ち上げも無し。ご参加はウクレレ組2名、スラッキーギター組1名、弾語り系ギター組2名、インド音楽組2名、アイリッシュハープ組1名、お客様組2名。

これにて14周年アニバーサリー・イベントすべて終了いたしました。ご祝儀の品々も誠にありがとうございましたm(_ _)m。

2020年11月16日 (月)

高尾山トレーニング

Img_4014Img_4024Img_4030

天気が良かったので久しぶりの高尾山トレーニング。日影バス停9:30下車で多少回り道をしながら山頂三角点に10:10。人が少ないルートを選びながらも、朝のバス、山頂、高尾山口周辺は平日にしてはすごい人出です。紅葉は自然林は今一つな感じ、植栽された木々の方がわざとらしく色付いていますなあ。11:22の電車で帰れたので、やはり真夏のトレーニングよりも速いペースで歩けることがよくわかりました。

2020年11月 5日 (木)

『丹沢・大山・相模の村里と山伏』表紙の写真その8

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2020/11/post-3d323c.html

2020年10月29日 (木)

塔ノ岳・丹沢山・表尾根半分

Hiru_hinoki_tanzawaautumn20201029Mt_fuji_tanzawaautumn20201029

本日は、この20年間ぐらいの調査研究&取材の中で何度かお世話になった丹沢山みやま山荘に新著『丹沢・大山・相模の村里と山伏~歴史資料を読みとく』を直接お届けするために、早朝から大倉尾根を登って塔ノ岳経由で丹沢山(1567m)まで遠征して来ました。今、ちょうど標高1000mぐらいが紅葉のピークで、晴天の中、紅葉と富士山のコントラストが大変素晴らしかったです。

塔ノ岳(1491m)に一度登ってみたいというヤマピーさんが同行して下さり、歩行10時間、万歩計で4万歩強、距離にして23kmぐらい(?)かしらん。心地よく疲れました。打ち上げは七輪で炭焼きしながら…🍺

Img_20201029_104354Img_20201029_204001_135

2020年10月16日 (金)

万象房14周年ライブ+1

14th_anniversary

全く元には戻らず、ボロボロですが今年も意地でやりますアニバーサリー!

2020年9月22日 (火)

一年前の9月22日

ちょうど一年前の今日。この場に居られたことが夢のよう。この一年、いや、この半年は何だったのだ。

2020年8月31日 (月)

8月最後の午前中トレーニング

Img_3027Img_3030Img_3032Img_3035Img_3038

朝早く目が覚めたので(じいさんだから)。高尾から小仏までバスで行って、景信山・小仏城山・高尾山と縦走してちょうど昼前に町田に帰って来ました。秋の花が咲き始めましたね。9月からは歴史地理&自然フィールドワークの下見&コース設計準備にシフトいたしますので、本日はトレーニング納めのつもりでした。

ツリガネニンジン(釣鐘人参)、オミナエシ(女郎花)、ワレモコウ(吾亦紅)、シロバナツルリンドウ(白花蔓竜胆)、そして明治時代に四国お遍路さん疑似体験修業が出来るように高尾山の各所に設置されている弘法大師の石仏群。

より以前の記事一覧