フォト

Nothing On My Mind

2018年10月15日 (月)

日本山岳修験学会 第39回学術大会@伯耆大山の発表要旨全文

Movie_thumb02
 
10月20日(土)~22日(月)の三日間、日本山岳修験学会第39回学術大会が大山開山1300年を機に大山(だいせん、鳥取県大山町)で開催されます。
【主催】日本山岳修験学会・同第39回大山学術大会実行委員会
【後援】大山町教育委員会・三朝町教育委員会・鳥取県教育委員会・公益財団法人とっとりコンベンションビューロー
【協力】大神山神社(奥宮)・角磐山大山寺・一般社団法人大山観光局・米子市教育委員会http://www.sangakushugen.jp/conference.html
 
つきましては、房主は今年も研究発表を行うため出張いたします。万象房の業務も土曜日EbAkウクレレ教室以外はお休みさせて頂きます。
 
以下、発表要旨全文。大山つながりで伯耆大山ならぬ相模大山の新出資料がテーマです。
--------------------------------
相模の一山寺院と『風土記稿』地誌調書上
 ―大山寺と光勝寺―   城川 隆生
 
 発表者は、昨年、江戸幕府地誌調所に地誌編纂資料として提出されていた、八菅山と大山の書上を目にする機会を得た。その解読作業の中で、近世を語る際に度々引用される『新編相模国風土記稿』の記述が必ずしも当該宗教者集団の現状と意識を反映していないことに気付いた。そこで、山岳霊場についての様々な言説の発生装置としてこの公的編纂テクストを捉える必要もあるという視点から、今回は、地誌調書上と風土記稿(内閣文庫本)の内容の階層構成の相違に注目し比較分析を試みる。
 
 八菅山光勝寺は、文政九年(1826)に『相州八菅山書上』を提出している。内容は96頁である。項目を大・中・小の階層で考えると、大項目は、山号・寺号・本寺・開闢・開基・鎮守御社七社権現・伽藍草創・本社御霊屋并諸堂以下35項目で一山の全貌を報告している。特に分量が多いのは国峯修行と坊中本尊并所持什物である。対する風土記稿大項目「八菅村」では、八菅山にかかわる中項目は、八菅山・七社権現社・八菅山新田で、七社権現社の下層の小項目に山内の諸堂が列挙され、その一つとして別当光勝寺を上げ本堂と山内の運営組織及び国峰修行を説明している。地誌調所による一山の意図的捉え直しである。
 
 『大山地誌調書上』(天保六年・1835)は大正期の写本が現存し、20の書上からなる大部である。提出者はそれぞれ、大山町、各滝の滝守、各寺院、修験、大山寺、別当八大坊である。大山寺として提出された分は添付資料を含んで96頁。別当八大坊として提出された分が66頁である。大山寺の書上の大項目は、御朱印地所・開闢・中興・本尊・二月廿八日神事・氏子・本堂并諸伽藍地所など、以下は石尊社を含み各建造物毎に報告されている。八大坊の書上は境内御朱印地・碩学領・寺領・御禁制・御條目・開山・中興・開基・惣地坪・大日堂、以下はやはり各種建造物と配下の院坊毎である。対する風土記稿の大項目は、まず大山寺ではなく「大山」。そして中項目では、不動堂の項で不動堂境内が大山寺とされ、石尊社も中項目で山頂エリアと二重堂を説明し、なぜか前不動堂以下、楼門・二王門・別当八大坊が中項目という矛盾をはらむ構成である。一山組織がテクスト上解体されているのはここでも明らかである。
--------------------------------

2018年9月26日 (水)

オープンステージナイト vol.123

Openstage123all

どしゃ降りの雨の中、5人も出演して下さったら御の字と思っていたら、6名様のご出演!しかもヨーコさんは久しぶりに京都から。誠にありがとうございましたm(_ _)m。

そして、今宵も、11/24(土)万象房12周年ライブ初日「ソングライターズ・ナイト」の出演者が二人決まりました。お楽しみに。

******************************

Openstage_night

9月26日(水) 19:00 open 19:40 start
Banshow-Boh オープンステージナイト vol.123
入場料¥1500(1ドリンク付+ふくしま子供寄付金500円込)
 
はやくも9月第四週。水曜日の「OPEN STAGE NIGHT」が近づいてまいりました。ギター・ウクレレ・ピアノから各種民族楽器まで。シンガーソングライター、インスト演奏、民族音楽、ワールドミュージック…。ふるってご出演下さい!

2018年9月16日 (日)

APPLE GEETA CDアルバムは万象房Tears Labelから発売中!

Cd_applegeeta2_2 Oneness_jacket_big

さて、昨夜、今年の万象房最終ライブを終えたAPPLE GEETAですが、万象房ティアーズ・レーベルからアルバムを二枚リリースしております。セカンドアルバムは全国流通しておりますので、どこのCD店でもネットショップでもご購入可能です。しかし!ファーストアルバムは流通しておりませんので万象房でしかご購入頂けません。
 
貧乏万象房の貴重な売り上げになります。今は北海道厚真町の旧友ボンズマンに送る資金といたします。まだご購入されていない方はこの機会にぜひお買い求めを。そして、すでにお持ちの方はご贈答用にでもまたぜひm(__)m。
レーベルページ↓です。
因みにボンズマンは寺の住職で、しかも保育園の園長で、本堂が地震で傾いてしまった中、町の皆さんのために頑張らざるをえない立場なのです。

2018年9月15日 (土)

APPLE GEETA × 一匹どんぐり from 神戸

Img_0640_2 Img_0644 Img_0653 Img_0657

さて、良いライブになりました。甲府に行くために20:30に出なくてはならないというお客様に合わせて房主はいつになく口数少なく楽曲をこなしました。そこが良かったのかもしれません。インドのバジャンにオリジナル曲にカブト虫少々というAPPLE GEETAの今回のセットリスト。メンバー多忙につき今年の最終ライブ(予定)。来年も、唯我独尊&唯一無二のラーガロックバンドとして突っ走ります。

一匹どんぐりはもちろん全曲オリジナル。楽曲がとにかく素晴らしい。しかもロックとルーツミュージックとポップスのセンスが気持ちよく混ざっていて素敵。詩もよろしい。癖になります。彼がご家族でAPPLE GEETA&日倉士歳朗ライブに飛び込みでいらしたのはちょうど一年前、そこからハイキングまで頻繁に参加して下さるとは。今回もご家族も聴きに来て下さいました。わざわざ神戸からいつもありがとうございます。とにかく足を運んでくださるミュージシャンは特に大切にしなければ。それが最強のご縁というもの。

しかし、プリンターが壊れてメニューの印刷が出来ないわ、リハ中に一匹どんぐりのギターサウンドがおかしくて接続を色々変えたりしていたらまとめてあったコードがぐちゃぐちゃになったりで房主の頭は大混乱(笑)。そんな状態でよく演奏したものだわと自画自賛。

さて、一匹どんぐりの次回ライブ@万象房は11/10(土)日倉士歳朗×一匹どんぐり!Akiko☆Sitarの次回ライブ@万象房は国分あきことして12/8(土)万象房12周年ライブ最終日「南アジアの夜」!。お楽しみに!

********************************

Ag_donguri20180915

9月15日(土)18:30 open 19:00 start ¥投げ銭(ドリンク&フード別)
APPLE GEETA × 一匹どんぐり from 神戸
"RocKaleidoScope vol.8"
♪一匹どんぐり(うた&ギター) from 神戸
♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール/Vo.)&George★kigawa(ギター/Vo.) with 原田康生(タブラ)
房主所属の万象房発バンドAPPLE GEETAの年内ラスト(予定)ライブです。ぜひぜひお越し下さいませm(_ _)m。ゲストにタブラ奏者Kohsei Haradaを迎えてのトリオ演奏。滅多に聴けないアンサンブルを展開いたします。セッティングの都合、AGは先に演奏します。そして、トリは神戸から癖になるシンガーソングライター 一匹どんぐり!時々万象房レクリエーション山登りにも参加して下さる 一匹どんぐり、房主お勧めのパフォーマーです。
 
個人的には北海道の厚真町で今頑張っている旧友ボンズマンへの応援という意識があります。ただ、個人的な関係なので、自分のギャラで対応しますが、なにぶん先月は無収入の身、郵便&流通事情が復活するまでには一定額を捻出したいと思っています。
 
そして、房主出演ライブで恒例のその場で出演者募集&決定企画、11/24(土)万象房12周年ライブ3デイズ初日「Songwriter's Night」(オリジナル曲限定)の募集もいたします。

2018年9月 6日 (木)

北海道勇払郡厚真町は震度7(9/6 15:30気象庁発表)

今夜は電気も水道も不通のまま夜を迎えているそうです。正楽寺の仏具類も傾いた本堂から渡り廊下に移動したそう。

Hokkaidoh20180906

心配です。

金光さんのお寺被災@厚真町

今朝の地震で、北海道勇払郡厚真町の金光朋充さんが住職を務める正楽寺の本堂が傾いてしまったそうです。
http://atsumamma.jp/challenger/shorakuji/
Photo
 
Nothing On My Mindの楽曲BONZE MANのボンズマンです。ご縁のある方、どうぞ心配してこの先を見守って差し上げて下さい。Wonderful Reggae Brothersでバンド活動を共にしていた方々、神奈川県立二宮高校で金光先生から理科やドラムを習った方々、海外青年協力隊ネパール理数科教師時代の同僚の皆さん、県立大沢高校で理科を習った方々、その他、世界中でご縁のあった皆様、どうそ心配して差し上げて下さい。
 
そして、もちろん北海道の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

2018年8月26日 (日)

8月最後の日曜日

8月最後の日曜日は、朝から夕方までサーランギ・インド音楽教室が続き、午後からは同時進行で小部屋で日倉士スライドギター教室。そして、夕方からはAPPLE GEETAのリハーサルも同時進行。入れ代わり立ち代わり人が出入りして落ち着かない一日になりました。そして、夜はAPPLE GEETAのリハ打ち上げと同時進行でブルース・ハーモニカ教室。長い一日でした。

サーランギ・教室は、11月の発表会に向けて、西沢講師がタブラ持参で伴奏も務めるという大活躍ぶりです。
Img_0420
 
APPLE GEETAは9/15(土)のライブに向けて、タブラの原田康生を交えてのリハーサル。音圧がすごいですよ~。ぜひ聴きに来て下さい。神戸からやってくる 一匹どんぐりも良いミュージシャンです。せっかくだからとサーランギの西沢くんも何曲か参加してもらっての記念撮影!
Img_0431 Ag_donguri20180915

2018年8月19日 (日)

還暦同窓会

Atsukoh_party20180819 Atsukoh_song20180819

高校の同窓会。女優として大活躍している同級生の挨拶に群がるみんなの図。
創立116周年。校歌は戦前の香りが一杯。入学した時に毎日毎日行われた応援団の校歌指導がとっても怖かったのを思い出しました。
飲み過ぎて帰りに転倒して怪我しました。出血につき月曜日は謹慎療養いたします。

2018年8月18日 (土)

APPLE GEETA再稼働

2018年8月16日 (木)

丹沢縦走2018

Aonohara Img_0032 Kibigara_2 Hirugatake Buna_mori Img_0102_2 Img_0123 Img_0141 Goraikoh Mt_fuji Img_0254 Kiri Ashigaraheiya With_mr_kusano

今年は津久井の青野原諏訪神社から歩き始め。ここの諏訪神社には「神祇管領免許社」という珍しい石碑が建っていてまずびっくり。天保年間に白川家から神職の免許をもらった事をとっても誇りに思っていた証拠の珍しい石碑。山に入るとヤマビルとの戦い。しかし、同行者はヤマビル発見の達人でありました。ありがたや。

なんとか稜線に上がり気持ち良い風を感じながら蛭ヶ岳。撮影目的なので、日没と日の出を中心にたくさん撮りました。真夏なのに、東京のビル群や筑波山まで見通せました。富士山をバックに檜洞丸の山群から雲海が流れ落ちる壮大な風景にも感動。

しかし、二日目は塔ノ岳までの稜線上はずっと霧の中で目的の撮影はできず。残念。丹沢山みやま山荘で情報提供で何度かお世話になっていた宮崎さんに挨拶して行こうと思ったら、もう山を下りて小屋仕事は辞めていらっしゃいました。これも残念。

最後は久しぶりに鍋割山荘へ挨拶がてら顔を出して、鍋焼きうどんを頂きました。そしたら草野さんから丁重にご挨拶を頂いた上に宿題「ヒゴノ沢の近くに生えているある植物の鑑定を頼む」と!要は実家の城川四郎講師に鑑定してもっらてくれという話。なんとか見つけて写真をたくさん撮って帰路につきました。

より以前の記事一覧