フォト

Nothing On My Mind

2018年4月15日 (日)

タブラと合わせるのも楽しいものだ。

Dscn0532

しかし、難しいことが一杯。耳コピだけでは対応できないインド音楽要素。バンマスあきこ師匠の弟子として謙虚に取り組まなければこのパフォーマンスは出来ません。以下、日も近いので頑張ってます。よろしくお願いいたします。
Doyoulikethebeatles6 Adayinthelife20180512

2018年4月 3日 (火)

木村了子展@京都

180310__ol_2

房主還暦ライブにも来てくれた日本画家 木村了子展@京都。3月10日 - 5月6日。
タイミングが合いましたら皆様ぜひ。
とっても行きたいテーマではありますが、いかんせん京都。

2018年2月21日 (水)

ハーモニカ奏者 河中豪紀 ニュー・アルバム リリース間近!

Kawanaka180301_2
 
万象房ティアーズ・レーベルから、ハーモニカ奏者 河中豪紀 3rd アルバム「Mr.Goodnight」3月1日リリース!全8曲。価格2700円(税込)
 
「ブルース・ハーモニカのテクニックとブルース・ハーモニカの最大の魅力である音色を、日本を代表するスライドギターリスト日倉士歳朗のギターなどをバックにメロディアスな楽曲の中で聴かせるハーモニカ・アルバム。 
 リード曲の「メーメの夢」は、河中豪紀のオリジナルで、日倉士歳朗のラグタイムギターをフィーチャーしたナンバー。ブルースハーモニカのテクニックを詰め込んだアコースティック・ブルース」
 
【参加ミュージシャン】
河中豪紀:10Holes Harmonica(All)
佐土原武志:Vocal/Acoustic Guitar/Bass/Programming(1,2,4,5,8)
日倉士歳朗:Acoustic Guitar/Slide Guita/Weissenborn(4,6,7)
安齋孝秋:Keyboard(1,8)
城川隆生:Acoustic Guitar(5)
川井正隆:Drums(1,8)
 
ご予約はコチラへ↓
 
詳細はコチラ↓
http://tears2000.com

2018年2月17日 (土)

OMO♪YOKO×APPLE GEETA LIVEカブト虫はお好きですか?vol.5

Dscn9553 Dscn9561 Dscn9563

楽しいライブでした。ありがとうございました。オモ・ヨーコの音ネタ満載の演奏に気持ちよくお酒が飲めました。またご一緒したいと思います。

でも、お客様がとっても少なかったのが残念。たぶんこの企画の需要が時代とともに無くなってきたのか?という訳で、次回(vol.6)4月28日(土)は「カブト虫はお好きですか?」シリーズ最終回といたします。最後なので趣向を凝らしたいと思いますので乞うご期待。

その前に、次回の万象房発APPLE GEETA は2月23日(金)@高円寺 大陸Bar彦六!お時間ございましたらぜひm(__)m。
Hikoroku_ag_ura20180223

**************************

Ag_omoyoko20180217

2月17日(土) 18:30 open 19:00 start ¥2500(1ドリンク付)
LIVEカブト虫はお好きですか?vol.5
♪OMO ♪ YOKO(オモヨーコ):おもたにせいじ(Ukulele./Vo.)&松田ようこ(Ukulele./Vo.)
♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール/Vo.)&George★kigawa(ギター/Vo.)
 
久しぶりの「カブトムシはお好きですか?」シリーズ。万象房発APPLE GEETAは訳あって今年の五月までこのモードです。今回も大物プロミュージシャン、渋谷トイズミュージックの総帥オモさんのデュオをお迎えしてのライブ。演奏順も、まずAPPLE GEETA、そしてトリはオモ・ヨーコ。
 
カブトムシ・ファンにも、ウクレレ・ファンにも、インド音楽ファンにもぜひ聴いて頂きたい!次回Vol.6 4月28日(土)の出演者もプロアマ問わず公開募集予定!!

キノコたっぷりのリンゴカレー

Dscn9550

今宵ははAPPLE GEETA出演ライブにつき、スペシャルメニューはリンゴカレー!今日も美味しく出来つつあります。
 
EbAkウクレレ教室中に美味しそうな匂いを発しているので、皆さんの食欲もそそっております。EbAk組、レッスン中に中断して羽生結弦選手の金メダル演技を観戦してた(笑)。

2018年2月 1日 (木)

還暦クッキー

Dscn9336

還暦バースデイに頂いたクッキーを眺めているだけでは作って下さった秦野の石井ユキさんに申し訳ないので末っ子と一緒に美味しく頂き始めました。ほんとすごいなこれ。全部天然素材だそう。

2018年1月28日 (日)

アンクルンを天井からぶら下げてみた。

2018012815150000 2018012815170000

不安定な足台が不評だったアンクルン(インドネシアの竹のハンドベルみたいな楽器)の竹の足台がついに壊れたので考えた末、天上からぶら下げてみました。良い感じです。
 
頂いたご祝儀のうちお酒類はまた飲み放題企画でも作って一気に空けますかなあ。とにかくありがとうございました。手造りやオーダーメイドのお祝いがすごいです。ゆうこりんさんから頂いたオリジナルボトル、komaさんから頂いた加工写真付きボトル、石井ユキさんから頂いた自家製クッキー、アッキー先生の考えた皆さん手書きのカード、などなど、どれもとっても素晴らしいです。心より感謝申し上げます。

2018年1月27日 (土)

房主(kigawa-t/George★kigawa) 還暦 "60th Birthday"LIVE

27292871_2024896557748684_7461781_2 27294333_2024896507748689_6235517_2 27591006_2024896467748693_1818810_2 27497251_2024896414415365_179847507 27294899_2024896371082036_879650829 27294988_2024896397748700_108093605 Dscn9292 Dscn9296 Dscn9238_2

ありがとうございました。

ライブ中にお話いたしましたが、お誕生会嫌いの私が、なぜ還暦ライブを企画したのかと申しますと、還暦は人生の中で重要なイニシエーションだと思っているからであります。つまり通過儀礼。自分がかかわっている宇宙に遍在するたくさんの聖なる大切なモノやヒトのご加護と叱咤激励があってこその人生です。音楽人としてこの試練を乗り越えようと思ったわけですが、河中くんのエロい話にペースを乱され集中力も切れ最後は息切れしました。でも、万象房の常連の皆様はもちろん、たくさんの懐かしい方々とも再会できて久しぶりに朝まで飲んだし、この上なく幸せでありました。

新しい仕込みをしなくて済むように、一緒にデュオを組んでライブを複数回以上やった相方ミュージシャンに今回の儀式をお手伝い頂きました。シタール・ビューティAkiko☆Sitargood、酒飲みシンガー ヤタベヨーコgood、スマイル・ウクレレシンガーソングライター江良やよいgood、ウクレレ王子EbAkgood、変態ハーモニカ奏者 河中豪紀good、夜の帝王キーボード奏者MIMOgood、結成25年四半世紀Nothing On My Mindgood。ありがとうございましたm(_ _)m。

万象房にいつも通って下さる皆様、次はあなたです。還暦イニシエーション、お手伝いいたします。

ほとんどの写真は「りんりん」さんのご提供です。この角度からが良い感じだったので。ありがとうございましたm(_ _)m。

***********************************

60years_old_live20180127 60years_old_live20180127b 60years_old_live20180127c 60years_old_live20180127d
1967年(弟と自家製厚紙ギター)/1978年(ロックバンドSISのメンバー時代)/房主現在

1月27日(土)18:30 open 19:00 start ¥投げ銭(ドリンク&フード別)
 
房主(kigawa-t/George★kigawa) 還暦 "60th Birthday"LIVE
 
♪Nothing On My Mind:aki(Vo.)、kigawa-t(Vo./ギター)、MIMO(キーボード)、河中豪紀(ハーモニカ)
♪じーじーず:kigawa-t(ギター)、MIMO(キーボード) with 河中豪紀(ハーモニカ)
♪ryusei-go:河中豪紀(ハーモニカ)、kigawa-t(ギター) with MIMO(キーボード)
♪EbAk(ウクレレ)&kigawa-t(ギター)
♪江良やよい(Vo./ウクレレ)& kigawa-t(ギター/三線)
♪ヤタベヨーコ(Vo.) & kigawa-t(ギター) from マンダラーズ
♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール/Vo.)&George★kigawa(ギター/Vo.)
 
60歳の誕生日が土曜日にあたったので、人生最初で最後のバースデイライブをやります。出演は、いままで私とデュオを組んでライブに出演したことがある豪華ミュージシャン。出演順は表記の下から、APPLE GEETAにはじまり、Nothing On My Mindがトリになります。途中入場可の投げ銭制にいたしました。お時間ございましたらぜひお越し下さい。
Apple_geeta_rooftop1 Dscn3818 Dscn3844 Dscn5122 Kawanaka5 Dscn7091 Nomm20160806c

2018年1月18日 (木)

1967年と1978年

60years_old_live2018012760years_old_live20180127b

還暦を機に音楽人生を振り返り始めました。
 
1967年、輪ゴム弦の手造り厚紙ギターを弟の分も作って2人でバンド気分(当時はグループサウンズ全盛期)。弟もその後ロックギタリストとして一時期活躍、現在は足を洗って私立中高の校長を務めています。でも、昔お世話になったファンキー末吉さんとかを学校のイベントに呼んだりもするらしい。
 
1978年、5人編成ロックバンドSISのメンバー時代。当時はほぼエレキギターしか弾いていません。実家に帰って弟のフォークギターを借りて弾いている写真。良くカバーしていたのは、Wishbone Ash、Pink Floyd、Camel、などブリティッシュ・ロックのプログレ寄り。オリジナル楽曲ももちろん。世の中にフランジャーが登場しびっくりしたり、複音シンセサイザーが発売されて狂喜したりの時代。ジーンズはもちろんベルボトム、ステージ衣装は黒の別珍。

2017年12月19日 (火)

APPLE GEETA 2018年冬LIVEスケジュール

より以前の記事一覧