フォト

kigawa-t/個人的日記

2020年1月23日 (木)

2/1(土)ライブ出演者変更のお知らせ

Live20200201

やんごとなき事情により出演者の一人が出られなくなりました。つきましては代わって房主が出ます。出演者中最年少(笑)なので先輩方を立ててオープニングアクト。

2020年1月20日 (月)

秦野市北西部下見フィールドワーク

Img_0146Img_0163Img_0178Img_0197

本日の好天のもと、歴史地理&自然ウォーキング来年度のコース作りに秦野市横野・堀・沼代周辺を父親とフィールドワーク。

戸川・水無川・四十八瀬川の上流部。四十八瀬川はとくに子供の頃の遊び場だったので歩いているだけで懐かしい!小学校の校歌は「四十八瀬のあの水も思え海原目指すもの~♪」(作詞:小林純一)、中学校の校歌は「四十八瀬の川の音清きわれらの心ぞと~♪」(作詞:谷鼎)。あの頃は「カジカ」を捕って遊んでいました。

それにしても、また新東名の工事に行く手を阻まれた!自分の思い出もぶち壊しだ。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

歌姫との偶然の嬉しい再会もありました。

2020年1月17日 (金)

『出雲と大和』『ミイラ』はしご

Img_0093Izumo_yamatoMiira_ueno

午後のチャランゴ南米音楽レッスンが休講になったので、上野までお勉強に出かけました。東京国立博物館『出雲と大和』展国立科学博物館『ミイラ 永遠の命を求めて』展。金曜日は夜まで営業しているのです。

見ごたえ十分。両者ともバランスの取れた展示でした。『出雲と大和』は最後に「蔵王権現」!嬉しくなりました。ミイラ展も最後にお厨子の中に即身仏!合掌して万象房に戻りました。念願の地下鉄を走るロマンスカーにも乗車。出費がかさみましたが大変勉強になった日となりました。

2020年1月14日 (火)

三浦富士・武山・津久井浜下見フィールドワーク

Img_0021Img_0047Img_0050Img_0064Img_0081Img_0090

歴史地理&自然ウォーキング4月からの新年度コース作りで三浦半島まで出張。比較的メジャーなコースですが、東京湾と房総半島を眺めながら富士山信仰の諸相をテーマに歩くのも面白いし、植物相も内陸部とはだいぶ違うのでそれもまたよろしいと思いました。標高200mほどの登山でちょっと険しいところもありますが、年間計画に入れようと思います。乞うご期待。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

台風15号に直撃されたこの辺り。暴風の爪痕はあちらこちらに残っていましたが、その根元にはしっかりと新しいひこばえも生えていました。

2020年1月13日 (月)

レクリエーション企画「冬の散歩道」鎌倉・逗子

Kamakurazushi2020

レクリエーション企画「冬の散歩道」鎌倉・逗子の実施要項が出来ました。2月8日(土)午後半日ウォーキングです。海辺が中心です。展望もよし、歴史散歩としてもよし、軽い運動としてもよし。一日山登りはキツイと敬遠していた方もお気軽にどうぞ!お客様、会員様、ミュージシャン、講師陣、ご家族・お友達、どなたも歓迎です。現在6名様ほどご参加予定。

--------------------------------------
万象房レクリエーション企画 半日ウォーキング
「冬の散歩道 鎌倉・逗子の自然と歴史」
◆日時:2020年2月8日(土)午後半日
◇テーマ
「浄土宗大本山光明寺から逗子海岸へ-披露山を越えて-」
(鎌倉市・逗子市)
◆集合:JR横須賀線 鎌倉駅 東口(表口)
12時40分 集合(12:45発バス乗車)
◇小雨決行
◆案内人:城川隆生(フィールドワークガイド)
◇参加費: ¥1000(資料代・保険料込)
◆申し込み:万象房
◇持ち物:おやつ、飲み物
◆打上げ:横浜?

小田原久野~南足柄三竹下見フィールドワーク

Img_9919Img_9926Img_9936Img_9938Img_9940Img_9946

足柄平野では古くから蔵王権現が祀られていた御嶽神社は珍しいです。古代中世の時代に紀伊半島吉野から伝播した御嶽蔵王権現信仰が地域の信仰として定着し、「みたけ」(御嶽)を祀っていた集落そのものも「みたけ」となってやがて「三竹」の字が当てられています。

大峰山上ヶ岳=金の御嶽(金峯山)が勧請され地名にまでなったこの深い森の中へ皆様をお連れするのはアクセスがなあ?と思っていましたが、今日、良い解決方法とウォーキングコースを思いつきました。展望もよし、石仏のヴァラエティもよし、植物観察にもよし。新年度のコースに入れます。乞うご期待。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2020年1月11日 (土)

新春LIVE2020

Img_9831Img_9835Jijis20200111

本日の出演者、20代から60代まで、老いも若きも揃いも揃って人間が変でとても面白い。なので、楽曲も演奏も楽器もあまりに個性的。結果、お客様にもそれなりに喜んで頂けた良い新年会ライブになったと思います。本年もよろしくお願いいたします。ありがとうございましたm(__)m。

本日の出演者の演奏はまた近いうちにお聴きいただけるはずです。因みにじいじいずは、高薮さんデュオのご希望に合わせてミモと遊ぼうナイト4/25(土)に出演いたします。

***********************

Newyear20200111b

1月11日(土) 18:30 open 19:00 start
新春LIVE2020 "Wiil the Classic Blue begin ?"
♪じいじいず:MIMO(Key.)&kigawa-t(G./Vo) with grilo(didgeridooみちはや)
♪ボ沢セバスチャン(Vo.&G.)
♪尾上"フーテン"ワニ(Vo./G.)
¥投げ銭(ドリンク&フード別)

あけまして新春ライブ第一弾です。ぜひお気軽に聴き飲みにお越し下さいませ。オリジナリティたっぷりの歌をフィーチャーした夜です。出演は、1)活きの良いブルースマン尾上"フーテン"ワニ、2)20年ぶり(?)に房主とタイバン初出演ボ沢セバスチャン、3)ミモと房主の日独音楽同盟じいじいず、ディジュリドゥみちはやも飛び入ります。

2020年1月 9日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「二宮吾妻山から葛川をさかのぼる-西相模の大山道を歩く-」木曜組

Img_9768Img_9770Img_9778Img_9797Img_9801Img_9813Img_9821Img_9825

新年歩き初め完璧な天候!気持ち良くアカデミックに歩けました。奇跡のような絶景も、木漏れ日の森も、平安仏の阿弥陀様も、室町時代の阿弥陀来迎図も、カヤの巨木も、太古からの地球の歴史と先人たちから頂いた貴重な恵み。この一日に感謝しながらまた明日から頑張って生きたいと思います。

次回は1月28日(火)/2月13日(木)「大山登拝口蓑毛と秦野の原風景を歩く」(秦野)、小田急線「秦野」改札前集合ですが、集合時間を10:00から9:50に早めます。10:00のバスに乗車いたします。木曜組は一回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2020年1月 6日 (月)

歴史地理&自然ウォーキング・秦野蓑毛~曽屋下見

Img_9641Img_9642Img_9678Img_9695Img_9735

1月28日(火)/2月13日(木)実施予定の「大山登拝口蓑毛と秦野の原風景を歩く」のコース設計下見に行ってまいりました。天気は良くて富士山もきれいでした。今回は下り中心なのでロングコースにして、蓑毛から田原、そして葛葉台から曽屋神社まで歩いて頂こうと思います。歴史も地理も地学も自然も盛りだくさんです。つきましては、バスの発車時間の都合上、秦野駅集合を9:45に早めます。

ただ、棚田と金目川と石仏のお気に入りののんびりコースが新東名の工事のため大きく様変わりしてしまいました。この年末年始は新東名の工事に行く手を遮られたり景色を変えられたりの日々でした。必要なのかな?日本の人口はどんどん減っていくのに・・・。

木曜組は一回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2020年1月 4日 (土)

山北 奥山家道 下見フィールドワーク

Img_9509Img_9524Img_9533Img_9544Img_9556Img_9581Img_9583

山北町の奥山家古道(といっても今は全て車道)をもとにコースを作れないかと一日フィールドワーク。標高差がありすぎる上に車の通行も多くてコース化は難しいです。おまけに新東名の工事で、あったはずのルートも消滅。曇天で富士山も全く拝めず。県立つぶらの公園も車での来場者向けの体裁。

面白かったのは、山北エリアの個性的な石造物の数々。個性的すぎる庚申塔はさすがに大正期でしたが、見事な馬頭観音とその上に梵字の阿弥陀曼荼羅、ほんとに文政か(?)と疑いたくなる目がパッチリの僧侶型庚申塔、地蔵堂に奉納されている乳房、などなど。勉強になった一日でした。

帰りの電車で秦野駅から自然担当の酒井講師が目の前に乗車してきてとってもびっくりいたしました。二人で「なんで!?」と叫びました。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

より以前の記事一覧