フォト

kigawa-t/個人的日記

2021年3月 6日 (土)

3/13(土)レクリエーション・ハイキングのコース鳥瞰図

3_13_tamagawajosui2021

傘さしながらでも歩けるので嵐でない限り雨でも実施予定です。
ご自宅お引越しのご都合でお一人キャンセルが出ましたのでご参加者まだ受け付けます。現在のお申込みは17名様。

実施要項はコチラ↓です。
Walking20210313

2021年3月 5日 (金)

万象房ティアーズ・レーベル新曲情報

房主作曲のAPPLE GEETA新曲近日中にリリース!

インストゥルメンタル・オリジナル新曲"Another Sky"を近日中にリリースいたします。まずは、バンマスAkiko☆Sitar直筆のジャケット画をご紹介🍏。

APPLE GEETAさんの投稿 2021年3月4日木曜日

2021年3月 4日 (木)

真鶴下見

Img_5660 Img_5672 Img_5675 Img_5686 Img_5688 Img_5715

次々回の歴史地理&自然ウォーキング「真鶴半島を歩く」の下見に、石材の町 真鶴町まで出張してまいりました。いつ行っても魚付き林の森が気持ちよろしい。森の中に自生している大きな柑橘類がぼとっと落ちていました。まだ痛んでいないのがあったので皮を剥いて味見してみました。びっくりの美味しさ。もう一個持って帰りました。

Img_5763
享保14年のすごい彫刻家発見!一国一体彫るぞという意気込みだ!

本番は3月23日(火)/4月8日(木)。一回参加も受け付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2021年3月 2日 (火)

横浜の仏像@横浜市歴史博物館

Yokohamanobutuzoh2021

午後からの出勤だったので、午前中に横浜市歴史博物館「横浜の仏像 ―しられざるみほとけたち―」を拝観すべく朝から出張しました。

なんといってもお目当ては弘明寺の十一面観音菩薩立像(11世紀、国重要文化財)。一本のケヤキの大木から細部に至るまですべてを彫り出し意図的にノミ痕を留めた白木の鉈彫りという類まれなるお像なのです。前から拝み、右から拝み、左から拝み、後ろから覗き。千年前のお姿を今でも拝めるのです。すごいです。坂東三十三観音巡礼第十四番のご本尊でもあります。

ついでに、個人的ジオラマ撮影会。ここのジオラマは中世の六浦・金沢の様子がほんとによくわかります。江戸時代のジオラマには巡礼者もちゃんと歩いてます。
Img_5609Img_5622

2021年3月 1日 (月)

『丹沢・大山・相模の村里と山伏』23ページの写真「清川村煤ヶ谷の八幡神社に納められていた碑伝と護摩札」

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2021/03/post-b8be06.html

2021年2月28日 (日)

オープンステージ第149回

Img_5587Img_5574

本日の出演は、1)kigawa-t房主(「時は昭和」令和版公開)、2)みやざわ(フランス語弾き語りの大人の色気)、3)koma3(難し過ぎるギターインスト四苦八苦)、4)鶉屋たくみ(説教節をトルコの楽器サズで、しかもバンジョーみたい)、5)番茶の香り(ネパール音楽サーランギ、4月から沖縄転勤によりお別れのご挨拶、でも待ってます)、6)UZU(久しぶりに聴く人多く、唸らせた)、7)松本ノボル(ハワイの風と、房主とともに日倉士さん追悼「南からの子守唄」)

「南からの子守唄」、今年の万象房のテーマ曲にしたい。弾くか歌うか、ぜひご協力を。房主は毎月歌う所存。涙をこらえながら。
来月は、3/27(土)15:00 openの予定です。covid19対応 変則開催日時をまだ続けます。
https://banshowboh.com/openstage.html

2021年2月25日 (木)

鐘ヶ岳フィールドワーク

Img_5486Img_5497Img_5528Img_5524 Img_5545Img_5560_20210225214401

本日は、厚木市七沢と清川村煤ヶ谷にわたる浅間山(せんげんやま、鐘ヶ岳)山中で今でも人知れず歩かれている山道を、煤ヶ谷在住の先達に案内して頂きました。

登りは七沢からの表参道だったので、中腹恒例の平安時代前期の鐘ヶ岳廃寺の瓦探しで布目瓦を今日も発見。地元民しかしらないだろうと思われる煤ヶ谷への下り斜面(道とは言えない)では文政年間の「せんげんみち」道標も教えて頂きました。

富士講の講中による爆発的な富士山(浅間)信仰とは少し様相の違うローカルな鐘ヶ岳の大山信仰・富士山信仰の一端に出会うことが出来て、有意義な一日でした。本日、ご縁のあった皆様に感謝いたします。

植物は春を迎えつつあります。

2021年2月23日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「丹沢山麓水無川上流から四十八瀬川を歩く」火曜組(秦野)

Img_5422Img_5426Img_5427Img_5433Img_5437Img_5452

2月なのにずいぶんと暖かい日。陽気も植物も春を迎えつつあります。秦野ならでは塔ノ岳(秦野では昔は塔ヶ岳と呼んでいました)信仰の痕跡と秦野盆地内複合扇状地の扇頂エリア。金目川水系と酒匂川水系の分水嶺と謎の堀。四十八瀬川の川べりウォーキング。丹沢山地表尾根の山並みを仰ぎながらたっぷり歩いてまいりました。

酒井講師の絵がビジターセンターに展示されていることを知り、一同びっくり。

次回は木曜組3月11日、同じコースです。単会参加も受け付けています(残枠2名様)。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2021年2月22日 (月)

『丹沢・大山・相模の村里と山伏』22ページの写真「不動ノ平」

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2021/02/post-732b8d.html?fbclid=IwAR389zECzmHRJm_APtXCLzb72EKJgEkBlFfUa0yh6Par5T3HJCaWjd9X5Rk

2021年2月20日 (土)

清川村煤ヶ谷で八菅山伏のお話

Img_5412b

本日は、神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷まで出張して、山を走るトレイルランナーの猛者の皆様に「八菅山伏の修行ーその歴史と地理ー」のお話をさせて頂きました。聴いて下さっている方の半分以上はオンラインでネットの向こうの別会場やご自宅なので、どのように伝わっていたのでしょう?放送業界のプロの方々など聴衆の反応を見ずにお話できる方はすごいなあと思います。

素人オンラインでも、音質や画像のクオリティにそれほどこだわる必要がない分野ならば、仕事としてありだなあと思った昭和おじいさんの私。そして、本日聴いて下さった猛者たちは明日朝2時から一日でこのコース↓を走破することをもう7年も続けていらっしゃる。未来を感じます。今年も成功を祈る。

Hasuge_ohyama

より以前の記事一覧