フォト

India&Nepal/インド・ネパール・シタール・タブラ

2017年6月27日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング火曜組「相模川と桂川 ― 藤野から上野原へ」

Dscn5626 Dscn5628 Dscn5635 Dscn5623 相模と甲斐、国境の森。平安時代には国境紛争もあり、戦国時代には小田原北条氏と甲斐武田氏がせめぎ合い、武田信玄の娘が北条氏政に嫁ぐ大行列の幻や、甲州街道を行く江戸時代の旅人や参勤交代の行列をイメージしながら、貴重な北相模の植物観察ウォーキング。

雨は朝のうちに上がり、なんとか降られずに一日歩けました。ただ、やっぱり蒸し暑かったですね。平塚から遡ってくる高瀬舟の通船の終着点、山梨県上野原の川岸も確認できました。絶滅危惧種のネズミサシも発見。城川四郎講師がかつて命名したタンザワウマノスズクサもたくさん発見(命名種はキノコだけではありません)。お疲れ様でした。
 
次回は木曜組、7月13日(木)同じコースです。一回参加も募集しております。

2017年6月26日 (月)

オープンステージナイト vol.108

2017年6月24日 (土)

APPLE GEETA企画「RocKaleidoScope vol.7」

Dscn5501 Dscn5503 Dscn5509 Dscn5528 Dscn5535 Dscn5541

気持ちの良い愉快なバンドでした。「にっく・じゃが~」!APPLE GEETAもスタッフもお客様もとっても楽しみました。ブルース島ノ江、ブルースハープにギターにマウンテンダルシマーにピアノにシタールに、もう演奏中の仕草から顔までブライアン・ジョーンズ。「愛」って大事ですねえ。皆様、ありがとうございましたm(_ _)m。

次回、APPLE GEETAライブ@万象房は9月16日(土)。またのご来店をお待ちしております。その前に来週6月30日(金)@高円寺大陸バー彦六 with OMO YOKO、こちらもよろしく!

--------------------------

Rockaleidoscope7

6月24日(土)18:30 open 19:00 start ¥おひねり(ドリンク&フード別)
LIVE!「RocKaleidoScope ロック万華鏡 vol.7
♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール/vo.)&George★kigawa(ギター/vo.)
♪にっく・じゃが~
 :じゃが~カツヤ(vo.)、Ken(G.)、Blues(G./Piano/BluesHarp/Recorder/Sitar/Dulcimer)、HAKU(cho./perc.)
万象房発アップル・ギーター企画「RocKaleidoScopeシリーズ」の第7回です。おひねり制につき、途中入場も歓迎です。
 
アップル・ギーターも今回はかぶと虫路線に回帰。なぜならタイバンのバンド名が・・・。このバンド名にピンとくる方、ぜひ聴き笑い飲みにお越し下さい!実は、シタール・インド音楽教室の島ノ江さんのバンドです。シタール師弟対決か!?さて結末やいかに!?

2017年6月18日 (日)

本日の楽器群

Sarangi005b K_yairi_yw1000_1 Weissenborh_2 Sitar_2  Tabla 本日は、音楽レッスンが、インド・サーランギ、アコ―スティックギター、スライドギター。リハーサルが、インド・サーランギ、シタール、タブラ、アコースティックギター。

日本社会の世間的には珍しい感じだと思います。でも、万象房では普通な日曜日が終わりました。お疲れ様でしたm(_ _)m。

2017年6月14日 (水)

APPLE GEETA リハーサル

2017年6月11日 (日)

インド音楽教室(タブラ&シタール)

Dscn5377 Dscn5381 Dscn5382 Dscn5389

毎月第二日曜日はインド音楽教室の日です。本日は朝からタブラ・グループレッスン3コマ、シタール・グループレッスン1コマ+個人レッスン2コマ。終了8時半でした。日本を代表する若手インド音楽演奏家が講師陣の万象房インド音楽教室。サーランギ教室も始まっています。
◆タブラ
◆シタール
◆サーランギ

2017年6月 3日 (土)

万象房発APPLE GEETA原点回帰の6月!

2017年5月24日 (水)

『タウンニュース』記事!古旋律小劇場 ~弓奏楽器を主軸としたインドとトルコの旋律~

2017年5月14日 (日)

インド音楽教室

Dscn4997 Dscn5000 Dscn5001 Dscn5003

毎月第二日曜日のインド音楽教室。朝10時から教室会場の準備をして、午前中のタブラ・クラスから始まり、シタール個人レッスンの最後のコマ(本日初レッスンの方!)の終わったのが20時。それから片づけて軽く一息打ち上げたらもう21時。ほんとに丸一日インド音楽です。お疲れ様でした。皆さん、インド音楽始めませんか!?
 
そして、新たにサーランギ・レッスンが始まっています!開講記念ライブイベントもあります!6月3日(土)です。西沢講師はもちろんタブラ絢子先生も出ます!バイオリンとカーヌーンの素晴らしい演奏者も出演します。擦弦楽器祭りです。ぜひお越し下さいm(_ _)m。
201704281608369e2

2017年4月30日 (日)

38年越しのご対面

1979年のある日の夕方、茨城県新治郡桜村の学生アパートから、バスに乗ってだったか、友達の車に乗ってだったか記憶が定かではありませんが、常磐線荒川沖駅に出て、東京に向かい、最初は有楽町のプレイガイドに、途中巡って来た「新宿の方が発売チケット枚数が多いらしい」という噂話を信じて、新宿のプレイガイド前に移動して徹夜、バイト代を貯めてやっと手に入れたチケット。ポール・マッカートニーとウィングス。結局、大麻所持で本人逮捕。

Img_0325 それから、全く機会に恵まれませんでしたが、今回、ご縁があって徹夜のチケット購入から38年目にして初のライブ鑑賞となりました。このご縁を下さった、高円寺大陸バー彦六の織田島マスターとAPPLE GEETAバンマス Akiko☆Sitarに深く感謝申し上げます。
 
ウィングス時代に演奏していた楽曲が特に良かったです。あの頃、ライブショーでのパフォーマンスを前提に楽曲を作っていたんだなと実感しました。"Maybe I'm Amazed"に涙腺がゆるみました。だからこそ、デニー・レインのギターで聴きたかった。リンダの姿を見たかった。30代のポール・マッカートニーが見たかった。
Img_0315 という訳で、アイリッシュ・ユニット「すらいごめいと」ブズーキ奏者武田さんとAPPLE GEETAで記念撮影。
 
Dscn4766 それと、せっかくだから、パティ・ボイドの写真展も行ってきました。クラプトンの「レイラ」のモデルとも言われているジョージ・ハリソンの元妻でエリック・クラプトンの元妻。70年前後のビートルズメンバーたちとクラプトンが蘇っていました。ザ・バンド「ラスト・ワルツ」のリハ風景までありました。

より以前の記事一覧