フォト

Celt-Irish/ケルト・アイリッシュ

2019年6月24日 (月)

オープンステージナイト vol.132

Openstage_night_20190624105401

ノンジャンル・アコースティック参加型LIVE「オープンステージナイト」の第132回の開催です。ぜひ奮ってご出演下さいませ。生ピアノもあります。弾語りもインスト演奏もルーツ&ワールド系も民族音楽も皆さん歓迎!

6月26日(水)19:00 open 19:40ごろstart
Banshow-Boh オープンステージナイト vol.132
入場料¥1500(1ドリンク付+ふくしま子供寄付金500円込)
https://banshowboh.com/openstage.html

2019年6月18日 (火)

アイリッシュハープ愛先生、無事ご出産

アイリッシュハープ愛先生が、この度、無事に女の子を出産されました。現在、講師産休中のため休講となっているアイリッシュハープ・レッスンですが、年内の再開を目指して準備されるそうです。いやー、それにしてもお写真を拝見したところ元気そうな赤ちゃんで良かった良かった(^^♪
https://banshowboh.com/irishharp_takahashi.html

2019年6月 2日 (日)

ティンホイッスル・アイリッシュ入門練習会

Img_5671

毎月第一日曜日のティンホイッスル・アイリッシュ入門練習会。本日も引き続きリール(4/4)楽曲の仕上げ。先達から伝授される小技の数々。この小技の数々を時々織り込みながらメロディーを吹くわけかあ、と感心。でも自然にとっさに織り込むのはなかなか難しそうです。ただメロディーを吹ければ良いってもんじゃない練習しがいのあるティンホイッスルです。

次回も原則通り7月7日(日)です。どなたも歓迎、ティンホイッスル始めませんか↓?
https://banshowboh.com/tinwhistle_workshop.html

2019年5月25日 (土)

万象房箱根金時山登山隊

Img_5590 Img_5594 Img_5596 Img_5597 Img_5600 Dsc_1573

季節外れの暑い一日でありましたが、この充実感と展望はなにものにも代えられません。初夏の緑、木漏れ日、激しくとも涼やかな滝の水しぶき、雄大な富士の裾野の展望と箱根火山カルデラ、世界中の人で一杯の金時山山頂。

小田原の打ち上げのビール🍺が格別でした。お疲れさまでした。房主は1931年に突如割れたという金太郎と母山姥の伝説の宿り石を皆様のご多幸を祈念しながら支えて下山の安全を図りました。

本日のご参加は、土曜ウクレレ組3名様、インド音楽組(タブラ+シタール)2名様、ギター弾語り組+ご家族2名様、アイリッシュハープ組1名様、に房主を含めた9名の登山隊でした。ご欠席は2名様。次回の万象房レクリエーション・ハイキングは秋11月ごろに企画したいと思います。

2019年5月22日 (水)

オープンステージナイト vol.131

Openstage131all

ご出演者は少なくて残念でしたが、パフォーマンス・レベルの高い聴き応えのあるライブになりました。オーディエンスもいらして下さってありがとうございました。そんな訳で本日は一人3曲のステージを務めてもらいました。

本日のご出演
1)みやざわ(ウクレレ&ギター弾語り)、2)UZU(ギター弾語り、6/8LIVE@万象房よろしく!)、3)ごろはち(ギター&ハーモニカ弾語り、6/22LIVE@万象房よろしく!)、4)電気ブランコ(ギター&チャランゴ弾語り、9/14LIVE@万象房よろしく!)、5)お気楽'sたなか(ケーナ、初出演!)、6)ニューオリンズ・セカンドラインDuo、7)北海道ふきのとうDuo

**********************

Openstage_earlysummer

5月22日(水)19:00 open 19:40 start
Banshow-Boh オープンステージナイト vol.131
入場料¥1500(1ドリンク付+ふくしま子供寄付金500円込)
https://banshowboh.com/openstage.html

今回のフライヤーはちょっと早いですが、紫陽花で飾ってみました。毎月第4水曜日の参加型LIVE「オープン・ステージ・ナイト」。第131回です!ぜひ奮ってご出演下さい。歌うたい・弾語り・民族楽器&民族音楽・ワールド&ルーツミュージック・etc、ノンジャンルで歓迎しております。

2019年5月19日 (日)

ティンホイッスル・アイリッシュ練習会

本日の課題曲はリールで"Silver Spear"。リーダーのしんのすけさんから頂いた参考動画がこちら。カッコ良いわ!でもテンポはこの半分以下で練習するのでどう伴奏したら良いか悩んでいるうちに写真撮るのを忘れてしまいました。本日はお休みの方多め、でも新しい会員様もご入会。あきるの市から!ありがとうございますm(__)m。次回は原則通り第一週の6月2日(日)です。https://banshowboh.com/tinwhistle_workshop.html


2019年4月24日 (水)

第130回!オープンステージナイト

Openstage130all

今宵は良い歌をたくさん聴けました。心に染みる歌がたくさん。ありがとうございました。コトバって大事ですねえ。いやー、良かった。

今宵のご出演は
1)UZU(6/8ライブ@万象房よろしく!)、2)桜里、3)ミヤザワ、4)らんぶりんまっく(5/11ライブ@万象房よろしく!)、5)ジャッキー・イソエ、6)koma3、7)ながさわ、8)じいじいずⅡ、9)まゆみUZU、10)ジャッキーまっく

次回は5/22(水)vol.131です。

********************************

Openstage_night

4月24日(水) 19:00 open 19:40 start
Banshow-Boh オープンステージナイト vol.130
入場料¥1500(1ドリンク付+ふくしま子供寄付金500円込)
https://banshowboh.com/openstage.html

第130回を迎えます!オープンステージナイトは参加型アコースティック・ライブ。楽器インスト、シンガーソングライター弾き歌い、ルーツミュージック&ワールドミュージック、民族楽器&民族音楽などなど、ノンジャンルで歓迎です。常連の方も、お久しぶりの方も、初めての方もぜひ奮ってご出演頂ければ嬉しい限りです。

2019年4月 7日 (日)

ティンホイッスル・アイリッシュ練習会

Img_4673

本日は、17世紀の名曲シーベグシーモアの仕上げと、久しぶりの南風。新しいご参加者も、ご病気からの復活お久しぶりのご参加者も、という新鮮な春の会。最後はとっても良い合奏になりました。房主も頑張ってギター伴奏いたしました。

来月は連休を避けて、第三週に振替え開催です。5/19(日)です。新しいご参加者も常時募集しております。
詳細はコチラ↓
https://banshowboh.com/tinwhistle_workshop.html

2019年3月27日 (水)

オープンステージナイト vol.129

Openstage129all

お久しぶりの方もお馴染みの方も融合しながら最後はとっても面白いセッションも出来ました。素敵な音楽と夜をありがとうございました。
 
本日のご出演は、1)ヨシダカズ(4/14Live@万象房よろしく!)、2)らんぶりんまっく(5/11Live@万象房よろしく!)、3)koma3、4)桜里、5)UZU(6/8Live@万象房よろしく!)、6)ももいろクローバーX、7)かうりとのるぶ(5/11Live@万象房よろしく!)、8)EbAk組、9)太秦桜、10)ウェスタン・サーランギTrio(5/11Live@万象房よろしく!)
**********************
Openstage_night
3月27日(水) 19:00 open 19:40 start
Banshow-Boh オープンステージナイト vol.129
入場料¥1500(1ドリンク付+ふくしま子供寄付金500円込)
参加型アコースティック・ライブ「オープンステージナイト」の第129回です。楽器インスト、シンガーソングライター弾き歌い、ルーツミュージック&ワールドミュージック、民族楽器&民族音楽などなど、ノンジャンルで歓迎です。そろそろ初夏のブッキングライブ出演者も決めます。ぜひ奮ってご参加下さい。

2019年3月 9日 (土)

春!吉川忠英LIVE

Moon20190309 Img_3990_2

「三日月の もとにて響く 忠英節 心に届きて 春うらら」(kigawa-t)

今月末には御年72歳。皆さん、負けてられませんぜ。 遠くは福島県からもご来店頂きました。誠にありがとうございましたm(__)m。

****************************

Yoshikawa_chuei2019

3月9日(土)18:30 open 19:00 start ¥4000(1ドリンク付)
 
吉川忠英 春ライブ2019
♪吉川忠英(Vocal/Guitar)
☆人数限定要予約 残席ごくわずか
 
日本ポップミュージック界のレジェンド吉川忠英!日本人で忠英さんのギターを聴いたことのない人はまず居ません。それぐらい、この50年間に日本でヒットした楽曲の数々を忠英さんのアコースティックギターサウンドが支えているのです。しかし、もともと忠英さんはシンガーソングライターです。心が震える歌とギターをぜひお楽しみ下さい。
 
例年、春分ライブと銘打っておりましたが、今年は忠英さんのご都合でちょっと早まりました。頭の中では「サンキュー」LIVEとも一瞬考えましたが、あまりに安易なダジャレになると思ってさすがに遠慮いたしました(笑)。
もう残席ごくわずかとなっております。

より以前の記事一覧