フォト

Nature/自然

2020年7月13日 (月)

高尾山トレーニング

Img_2654 Img_2634

雨が降り出す前にと、午前中高尾山半日トレーニング。今日こそ山頂まで45分でと稲荷山コースを登り始めたが、ぐちゃぐちゃ&スリッピーなぬかるみだらけで、10:15に登り始めて山頂11:10。55分でした。曇りの日で今の見所はヤマユリです。ちょうど咲き始めから満開です。

足元が汚れて悪路を避けようと今日も薬王院から1号路を下って高尾でお昼を食べて帰りました。現代の薬王院は修験道に力を入れていらっしゃって、高尾山から歩いて富士山に登る入峰修行を実践中。ここでは、富士山は「浅間大権現」として祭られています。

富士山を仏教的に祭る時には、歴史的には「浅間大菩薩(せんげんだいぼさつ)」とするのが一般的ですが、「浅間大権現」とはかなり珍しい祭り方です。富士山の神仏としての呼称は、古代においては「アサマオオカミ(アサマノオオカミ)」「かぐや姫」、中世になると「浅間大菩薩」「大日如来」、さらに江戸時代以降近世になると記紀神話に登場する神様「コノハナサクヤヒメ」を当てる人々が現れ、明治維新で神仏分離となると古代の「浅間大神」=「コノハナサクヤヒメ」として現在に至っていると認識しております。

神社もお寺も時代と共にどんどん変化しております。だから「伝統」は難しいのです。いつの時代の伝統を指しているのかわからないからです。

2020年7月 9日 (木)

出勤途中に毒キノコ発見

Img_2568 Img_2567

成瀬駅に向かう途中の公園にテングタケ(天狗茸)発見。幼菌と成菌。症状は腹痛、嘔吐、下痢、痙攣、精神の一時錯乱などだそうです。

大きくて崩れているのはクロハツ(黒初)かもというお話。いずれにしても写真でキノコ鑑定は無理だそうです。クロハツは食べる人もいるけれど図鑑上はやはり毒キノコに分類されるそうです。

2020年7月 2日 (木)

高尾山トレーニング

Img_2423Img_2430Img_2438Img_2439 Img_2452Img_2446Img_2436

家近くの恩田川沿いをトレーニングのために走って最後に階段ダッシュ数本とかやっていたらふくらはぎを痛めました。やはり山を歩いた方が歳相応の良いトレーニングだと思って、そろそろ「来ないでください」とは言われないだろうと、高尾山午前中トレーニングに向かいました。

けっこうな人出でした。6号路の登山口でちょうど10:30だったので45分で登ろうと思って山頂で時計を見たら11:19で体感と違ってちょっと悔しかったです。やはり衰えているのかあ?

この季節、あんまり花は咲いていません。花はオカトラノオ(丘虎ノ尾)、アカショウマ(赤升麻)、ヤブレガサ(破レ傘)、オオバジャノヒゲ(大葉蛇ノ髭)、オオバギボウシ(大葉擬宝珠)。緑の実はマムシグサ(蝮草)かミミガタテンナンショウ(耳形天南星)か?珍しくカゴノキ(鹿子ノ木)もあります。

そして高尾山は薬王院というお寺のお山。薬王とは薬師如来のことですが、江戸時代以降の薬王院は飯綱権現という信州発の天狗の神様の霊験を前面に出して参詣者の信仰を集めて来ました。なのでこの飯綱権現堂が一番立派です。お寺なのに本社。良いんです!これが日本の宗教文化の神髄です。雑じり合うことが日本文化の特質。ファナティックに純粋なものを求めるのは本来日本的ではない。

東京都指定文化財のこの拝幣殿は宝暦3年(1753)に建てられ、その後、文化2年(1805)の再建修理でこの華やかな彩色やバク(獏)をはじめとする色々な霊獣が取り付けられました(「高尾山の建築について」『多摩文化』第24号 1974)。身近な寺社建築は、特に19世紀から20世紀初めの時代が全般に細かいところまで派手で見応えがあります。江戸時代の終わり頃から明治時代です。職人の技と人々の信仰心がうまくマッチした時代だと思います。

2020年6月 1日 (月)

本日の相模国霊場研究会(第3回)は11月2日(月)に順延になっています。

本日は本来ならば、相模国霊場研究会の開催日でした。会場の相模原市立市民・大学交流センター「ユニコムプラザさがみはら」は6/19まで閉館中。

残念ながら11月2日(月)に順延になっております。どうなることやら・・・。しかし研究活動は止めてはいけない。自分を含めて皆様のより一層の研究成果を期待するのみ。

http://banshowboh.world.coocan.jp/sagami_study/

2020年5月28日 (木)

出版決まりました。

神奈川新聞の連載以来、それをとっかかりに数年間書き溜めていた原稿が本になります。年内には出版予定です。今日は出版を引き受けて下さった出版社夢工房さんへ打ち合わせに伺いました。神奈川県西部~丹沢山麓地域の文化・歴史・生活・自然にこだわった出版社です。歴史&民俗学専門出版社の岩田書院社長から勧められ、この地域にこだわった内容ならばまずは、というご意見に動かされ原稿を読んで頂いて話が決まりました。

この休業中は経営的にはとんでもなく大変なことになりましたが、執筆作業に限っては集中して作業が出来ました。そして、今日はさっそく編集のプロの客観的な視点はとてもためになると実感いたしました。テーマから章立てまでご意見を頂き修正すべき点がたくさん見えてきました。もうしばらくこの作業も頑張ります。

帰途、大山の麓で撮り直したい写真も撮影、厚木を通過ついでにはウクレレEbAkのお店で美味しいコーヒーとプリンを頂いて帰りました。

2020年5月27日 (水)

田植え

Dsc_0153

恩田川沿いの田んぼでは田植えも始まっていました。ここは町田市から走って3分の神奈川県横浜市青葉区。

一句出来ました。
田植え済み 水面が光る 小満芒種

2020年5月25日 (月)

自粛警察か?

今朝、万象房の厚木在住の某講師が神奈川県内某所の鎮守の森に自然散歩に自家用車で出かけたら、歩いて戻って来た時に、車に故意のキズを付けられてしまったそうです。お可哀そうに。新車だったそうです。自粛警察の可能性は高いと思います。場所も県内で「相模」ナンバーでも、こんなことが起こるなんて、日本人おかしいぞ。

2020年5月18日 (月)

麦秋と田水張り

Dsc_0145Dsc_0147

痛めた左ふくらはぎをかばいながら、ゆっくりペースでトレーニング再開。
恩田川沿いを走りながら一句出来ました。

田水引く 川のほとりは 麦の秋

しかし、よく考えると、走りながらすぐ県境を越えてここは神奈川県横浜市青葉区、そのまた5分後東京都町田市。
今、県境を越えた移動は自粛して下さい!という世相で、国道16号線を車で走っていてもそんな電光掲示板。神奈川県横浜市と相模原市と川崎市に囲まれた東京都民なんです・・・。

2020年5月14日 (木)

麦秋

Dsc_0140

日々トレーニングを一時間。長距離走と階段ダッシュ。しかし、今朝、浄水場のあたりで左ふくらはぎに異変発生。どうも筋を痛めたらしくトレーニングは中断。足を引きずりながらのんびり歩くしかないので麦畑に注目。麦の収穫も始まっています。

2020年5月 1日 (金)

ありがたき頂きもの

Img_228141Img_2282

先日、万象房のドアに下河原さんから山わさびラーメンと山わさび蕎麦の差し入れがぶら下がっていました。松本さんとどうぞ、というお手紙も。松本さんにはすぐ伝えましたが、今は接触できないので勝手ながら一人で試食させて頂きました。美味しいけど辛い(涙)。ありがとうございましたm(__)m。

原稿を書いていて、昔の山伏が清川村に残した碑伝(上の写真は2012年に宮ケ瀬ビジターセンターの講座でそれを手に説明している私、岡澤先生撮影、今より髪ある?)の文字を写真で掲載するのにどうしても自分の撮影したデータの画質が悪く、撮り直したいが今は訪ねては行けないし、と悩んだ末に、清川村の飯塚先生に電話でお願いしました。ばっちりの写真をメールで昨日送って頂きました。誠にありがとうございますm(__)m。

午後になると今度は、近所に住むアコースティックロック弾語りヨシダさんが、タケノコ要らない?というお電話!もちろんマスクを装着して自転車で飛んで行きました。しばらくタケノコ頂きます。とってもありがとうございましたm(__)m。

より以前の記事一覧