フォト

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗

2018年6月14日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「鎌倉朝夷奈切通と六浦」木曜組

Dscn1617 Dscn1623 Dscn1629 Dscn1633 Dscn1636

木曜組も無時終了いたしました。梅雨時ですが雨に降られなくて良かったです。さすがに朝夷奈切通の鎌倉側は足元ぐちゃぐちゃでしたが(-_-;)。中世の金沢六浦の海を想起しながら海から鎌倉に向かい峠越え。歴史を感じ、自然を観察しアカデミックに楽しい一日でした。お疲れ様でした。次回は6月26日(火)/7月12日(木)「大山詣り-下社から参詣道下り-」です。集合は伊勢原駅ではなくバス停の終点。一回参加も受け付けています。
 
Dscn1608 Dscn1611 Dscn1619 Dscn1624 Dscn1641
カヤの大木の実/ケイワタバコの花/あちこちに口を開ける中世墳墓/ヤマユリ!/そして滑川になんと鮎の稚魚の群れが・・・。

2018年6月12日 (火)

『大山地誌書上』本文テキスト化作業ほぼ終了

入手してから半年もかかってしまいました。これから他史料とも比較しながら本格的に分析作業に入ります。

せっかくだから時々面白情報。たとえば現在の阿夫利神社門前町の土地利用の説明にはこう書いてあったりします。
 
「相模國大住郡坂本 大山寺領 大山町
御朱印
一 高百石                
内 居屋敷反別八町五畝拾六ト三厘
  畑方反別拾八町五反壹畝六ト
右畑往古者農業仕候得共中古殺生禁断故
猪鹿多諸作出来兼候ニ付農業不仕候」
 
つまり、まだ阿夫利神社ではなくて山全体が大山寺の天保六年、大山寺の領地だった町では農地が18ヘクタールぐらいあって昔は農業もしていたけれど、生き物を殺してはいけないというお寺のルールがあったもので、猪と鹿が増えすぎて獣害で作物はダメになって今は農業していません。
 
と書いてあります。現代の丹沢山麓のどの地域とも全く同じ悩み。今はさらにこれに昔はいなかったヤマビルが加わって血を吸われるのだよ。
Photo

2018年6月 4日 (月)

大山下見

Dscn1402 Dscn1406 Dscn1410 Dscn1428 Dscn1461 Dscn1472 Dscn1497 Dscn1513

歴史地理&自然ウォーキングの下見に久しぶりに大山に行ってまいりました。ケーブルカーは運休につき珍しくがら空きの大山。今、大山が天保年間に幕府に提出した報告書を解読分析中なので、江戸時代の様相を想起しながら男坂(江戸時代は「本坂」)を登ってみました。

それにしても暑い日でありました。当日も暑いかもしれないので、大山滝めぐりをテーマにするのも面白いなあと思いました(ヤマビルが出なければ)。二重の滝、八段の滝、元滝、良弁滝、愛宕瀧、大滝。それだけでも歴史がわかります。大山の観音信仰の痕跡も訪れようと思います。テンナンショウかマムシグサの実が目立ち、ウツギの花が奇麗でした。
 
本番は6月26日(火)/7月12日(木)「大山詣り-下社から参詣道下り-」。一回参加枠は火曜組一名様、木曜組二名様です。ご興味のある方はお問い合わせ下さい。

2018年5月31日 (木)

文政~天保年間の地誌書上探し

江戸幕府昌平黌の地誌調所が『風土記稿』編纂のために集めていた「地誌書上」のうち、寺社のものだけを集めるために県立図書館にこもる一日。しかし、明治以降神社化した山岳寺院のものはやはり自治体史編纂レベルでは一つも見つかっていない模様。自分で探し当てて解読した八菅山と大山だけか…?これだけでも大発見ですが、もうすこし比較対象ネタがあると考察の幅が広がるのだが・・・。

※ 八菅山のものは年内に抜粋が所収論文内に掲載されて公開されます。

2018年5月30日 (水)

今年も研究発表します@鳥取県大山

解読&テキスト変換中の古文書177枚のうちやっと152枚目に突入。もう少し。でも、分析が間に合わない。南関東の山岳寺院の近世以前の様相を少しでも明らかにして後世に伝える義務があります。今はどこも神社になってしまったから昔のほんとうの情報が無視されがち。宗教界には公正取引委員会が無いので誇大広告的情報がまかり通っています。未来のためにがんばります。皆さん、パワースポットというマジックに騙されている。

6月末が研究発表テーマ提出期限、8月末サマリー提出期限、比較分析がさて間に合うか?研究発表10/21(日)。学術大会の日程が一週間早まっていることにも今日気付いた!本日、慌てて特割75で航空券も購入。羽田‐米子、久しぶり。

2018年5月29日 (火)

「箱根権現の森と湯坂道」下見

Dscn1279 Dscn1282 Dscn1298 Dscn1305 Dscn1313 Dscn1327 Dscn1338 Dscn1336 Dscn1341
 
 7月9月に実施予定の歴史地理&自然ウォーキング「箱根権現の森と湯坂道」のコース作り下見に行ってまいりました。まだその前に6月7月実施の「大山詣り-下社から参詣道下り-」があるのですが、そちらは近場で土地勘もあるので、まず箱根から。明日からは雨予報なので今日しかあるまいと決行。
 
 奈良時代に箱根権現を開山したお坊さん万巻の墓所からスタートしてヒメシャラの巨木がそびえる箱根権現の森と芦ノ湖から旧街道を登り地獄と地蔵信仰の霊場を巡って湯坂道へ。ニシキウツギがあちこちで咲いていました。コアジサイも綿雪のように可憐。
 
 当日は、東芦の湯で一旦解散して、健脚の希望者のみ湯坂道を小涌谷まで下ることにいたします。山道の下りがかなり険しいので無理強いは出来ません。9月の木曜組は一回参加も受け付けています。

2018年5月22日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「鎌倉朝夷奈切通と六浦」火曜組

Dscn1209 Dscn1212_2 Dscn1219 Dscn1235
 
歴史地理&自然ウォーキング「鎌倉朝夷奈切通と六浦」の火曜組、無事終了いたしました。
 
幸い、好天に恵まれ、金沢八景の瀬戸を出発点に、周辺の歴史と地理を探訪し、六浦から朝比奈に移動して朝夷奈切通の森で自然観察をしながら鎌倉十二所まで。気持ちの良いウォーキングとなりました。次回は同じコースで6月14日(木)、木曜組は一回参加も受け付けています。

2018年5月14日 (月)

解読作業

もうかれこれ4ヵ月も時間を見つけては取り組んでいる某古文書の解読作業。東京大学史料編纂所から複写が届いたのが正月明け、でも作業に取りかかったのが2月からで、358ページ中まだ228ページ。一ページほんの10行足らずですが、作業時間が限られるので進展が遅い。今月中にメドを立てたいと思います。頑張ります。休みの日っていうのが無いんですね。私には。すべてが仕事です。

2018年5月10日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「秦野盆地・水無川と渋沢丘陵・震生湖」木曜組

Dscn0987 Dscn0988 Dscn0991 Dscn0995 Dscn1000 Dscn1007

歴史地理&自然ウォーキング「秦野盆地・水無川と渋沢丘陵・震生湖」の木曜組、突然の雷雨に見舞われながらも!なんとか無事に終了いたしました。
 
雷が鳴り始めた時はちょうど桜土手古墳公園で資料館でのんびり雨宿りをさせて頂けたのが不幸中の幸い。おおまけに出来立てほやほやの矢倉沢往還ガイドブックを二種類も全員分頂くことが出来ました。ありがとうございました。お昼も総合体育館で、でも午後からは晴れました!そこからロングウォークを敢行。最後は環境省で日本一と認定された美味しい湧水を汲んで解散しました。お疲れ様でした。
 
ところで、次回はコース変更です。このハガキが皆様には送られております。秋との入れ替え、お間違いの無いようにお願いいたします。
Important_info2018

2018年5月 4日 (金)

万象房レクリエーション企画 春のハイキング2018

Dscn0943 Dscn0944 Dscn0947 Dscn0948 Dscn0950 Dscn0954
Dscn0957 Dscn0960 Dscn0964
春のハイキング2018無事終了!歩くペースの早いせっかちの方が多かったようで(笑)、皆さんの足の具合がちょっと心配でしたが、新緑の中を皆さんで楽しく歩けました。今日のご参加は、ウクレレ組6名、インド・ネパール音楽組2名、ギター組2名、スタッフ組3名、お客様1名、ご家族1名、な15名でした。高尾駅から八王子駅までは万象房組で中央線車両の一部を占拠状態。打上げも楽しかったです。気持ちよく酔えました。
 
今日のコースは、実は高尾山頂はおまけみたいなもので、出勤ラッシュのような山頂には一部興味のある方だけが登頂。ほとんどは比較的すいているコースを歩いて自然を満喫しました。さっそく、金ランと半鐘蔓の写真も撮ってみました。
 
さて、次回のハイキングは秋(10月~11月頃?)に実施予定です。それと、神戸から夜行バスで参加して下さったシンガーソングライター「一匹どんぐり」さんの次回出演ライブもついでに決めてしまいました。9月15日(土)APPLE GEETA企画にご出演頂きます。こちらもよろしく。

****************************
Uratakao20180504
5月4日(金)は万象房レクリエーション・ハイキング開催です。現在、総勢15名参加予定!天気は晴予報です。
 
常連ミュージシャン・お客様・教室会員様・ご家族・講師陣と様々な皆様です。遠くは兵庫県神戸から近くは町田の森野から。
 
テーマは「トップシーズンの高尾山でどこまで人ごみを避けられるか!?(笑)」
 
資料作成の都合上、ご参加のお申し込みは本日5/2中にお願いいたします。
 
※ 夜の「金曜Barナイト」は今週はお休みです。
 
-----------------------------
万象房レクリエーション企画 春のハイキング2018
① テーマ「相模湖から裏高尾へ - なるべく静かな高尾山の登り方」
② 日時:5月4日(金)みどりの日(雨天の場合は万象房で13:00~焼肉パーティ)
③ 集合:JR中央線「相模湖駅」10:00集合
 〔乗継:町田8:58 --- 9:23八王子9:30 --- 9:37高尾9:47--- 9:55相模湖〕
④ 当日の予定
 相模湖駅 10:00 ~ 弁天橋 10:45 ~ 城山(670m) 12:00 お弁当 12:30
~ 高尾山(599m) 13:30 ~ 日蔭沢 14:30 ~ 高尾駅15:45
⑤ 会費:¥1000(参加費&資料代・保険料込)要申し込み
⑥ 打上げ:八王子
⑦ 連絡先:万象房主 きがわ

より以前の記事一覧