フォト

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗

2017年12月 6日 (水)

ロマンスカーに乗って万象房へ!

2017年12月 4日 (月)

医者行って国会図書館

2017120412430001

咳がなかなか止まらないしひどい声なので、医者行きました。平熱、肺・気管に異常なし、消化器系も珍しく問題なし、喉の奥の声帯の近くで炎症を起こす風邪らしい。症状が限定されているから処方箋もはっきりしていました。なんとか直すぞ!今、12/9の出演者でやよいさんも風邪で発熱中、お互い回復を祈るばかり。
 
で、医者に行って帰ってすぐまた安静にしようと思っていたのですが、喉以外に問題が無いことがわかったら、急に気持ち的に元気になって、そうだ読まなければならない論文のコピーを取りに行こうと永田町の国会図書館まで。直前の交差点を渡っていたら、向こうからテレビや新聞でよく見るご老人が歩いていらっしゃった。国会議員は今年引退したけれど憲法改正論議を引っ張るキーマンとして自民党副総裁に再任されたあのゴリゴリの方だわ。
 
そして、図書館入口前からは紅葉したイチョウ並木の向こうに国会開催中の議事堂がそびえておりました。

2017年11月30日 (木)

古文書調査@愛川町郷土資料館

朝から愛川町郷土資料館に出張。ひと部屋を借り切って、古文書の詰まった巨大な箱を次々に閲覧させて頂きました。愛川町郷土資料館にはほんとにお世話になっています。確かな研究成果をあげて恩返ししたいと思っています。

Dscn7994 Dscn8000 Dscn8006 紅葉真っ盛りです。あいにくの天気でしたが、頭の中にアイリッシュエアーのイニシアが流れました。のすけさんに洗脳されたような。

2017年11月28日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「清川村煤ヶ谷から白山・飯山へ」火曜組

Dscn7667 Dscn7671 Dscn7676 Dscn7695 Dscn7700
歴史地理&自然ウォーキング「清川村煤ヶ谷から白山・飯山へ」火曜組、終了いたしました。まさに紅葉真っ盛り!曇り予報でしたが、歩いているうちに晴れてきて、白山山頂の展望台では絶景も楽しめました。紅葉シーズンなので、エンコウカエデ、オオミミジ、イロハカエデの見分け方もお勉強。歴史的には、鮎川(相模川)と小鮎川のお話や毛利(森)荘のお話、もちろん白山と十一面観音のお話などなど。
 
次回は12月14日で木曜組、同じコースです。一回参加も受け付けています。

2017年11月25日 (土)

日本宗教民俗学会&日本山岳修験学会 合同例会

Dscn7654

本日は日本宗教民俗学会&日本山岳修験学会の第一回合同例会ということで研修出張に行ってまいりました。研究発表は由谷先生(小松短期大学)の「近世修験という問題の発見」と鈴木先生(慶應大学)の「講と地域社会ー成田山門前町の事例からー」。今、近世修験に対するパラダイムの転換が修験道研究の現場で起きています。
 
ぜひ由谷先生のお話を伺いたく出かけとても勉強になりました。質問もさせて頂きましたがちょっと話がかみ合いませんでした。でも、だいたい様子が理解できたので満足です。会場の二松学舎大学の前の靖国神社のイチョウの紅葉が奇麗でした。

2017年11月21日 (火)

古文書のこの字が読めない。

24u5 36u1 36u2 39u3

全五十二丁、104ページ中、この4文字だけが何を当てても意味が通じないのです。

2017年11月20日 (月)

郷土資料館巡り

昨夜のシタール教室発表会打上げで飲み過ぎて、日本酒を飲むのではなかった・・・と反省しながら朝から大忙しの一日。午前中に厚木市郷土資料館に某重要古文書の件で打ち合わせにお邪魔し、午後は紅葉真っ盛りの森を眺めながら宮が瀬ダムのすぐ下にある愛川町郷土資料館へ移動して、前から添削ヘルプをお願いしているやはり某重要古文書の解読作業。おかげさまでなんとか99%ぐらいは完了。いよいよ研究論文に取り掛かります。頑張ります。

2017年11月14日 (火)

古文書解読作業

00000042

やっと最後のページ。まだまだ確認も添削も分析も必要ですが。論文化への第一段階。

2017年11月13日 (月)

清川村煤ヶ谷・厚木市飯山下見

Dscn7425 Dscn7453 Dscn7445 Dscn7465 Dscn7484

歴史地理&自然ウォーキング「清川村煤ヶ谷から白山・飯山へ」への下見に行ってまいりました。本番は11月28日(火)/12月14日(木)。秋も深まり紅葉も落葉も始まっています。落ち葉だけでもきれいです。でも、モミジはまだ緑。
 
白山の下山ルートをどうしようかと、結局2回も山頂まで登ったり下りたりを道を変えて繰り返しました。とりあえず今年度の中では標高差のある山岳コースです。晩秋から冬だからこそ出来るのです。体力的にも消耗しにくくヤマビルも出て来ないからです。一回参加も受け付けています。

2017年11月 9日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「鎌倉常盤山緑地と大仏切通し」木曜組

Dscn7344_7 Dscn7352_4 Dscn7354_3 Dscn7361_3

快晴!風は強かったですが。本日はもともとの木曜組15名様に火曜組からの振替参加の方が4名で講師陣を含めると定員オーバーの予定だったのですが、なんと、諸事情で8名様もが突然のご欠席になりちょっと拍子抜けをいたしました。

しかし、この季節の中を歩くことがなんと気持ちの良いことか。梶原姓発祥の地から鎌倉幕府の草創期を想い、森の中に突然現れるビューポイントから三浦葉山の春のウォーキングを思い出し、鎌倉時代の巨大館の遺跡から侵攻迫るモンゴル帝国の圧力に対処する幕府中枢部のサムライたちを想い、切通しを抜けて長谷に出れば紀伊半島大和「はせの観音」信仰がここ鎌倉にも定着している不思議を感じ、一日が終わりました。お疲れ様でした。

さて、次回は11月28日(火)/12月14日(木)「清川村煤ヶ谷から白山・飯山へ」(清川村・厚木市)。ちょっと標高差がある山岳コースです。一回参加も受け付けています。
http://musictown2000.sub.jp/banshowboh/walking_kigawas.html

より以前の記事一覧