フォト

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗

2019年8月17日 (土)

六根清浄の譜面

来年あたりに出版したいと思っている本の原稿を書きながら、5年前(~4年前)に書いていた神奈川新聞の連載の中で、吾ながら良いじゃんと感心し譜面付きだよと悦に入った本日。普段は五線譜なんて使わないミュージシャンをやっているくせに今日も自画自賛。

Rokkonnsyoujohkanagawashinbun20180214

2019年8月 6日 (火)

横須賀研修出張

本日は日中のレッスンが講師の忌引のため休講となりましたので(ご冥福をお祈りいたします)、9月実施歴史地理&自然ウォーキングの資料があまり揃っていなかった横須賀へ研修出張。横須賀市立中央図書館は坂の上。暑い。

ところで江戸時代のどの資料にも「追浜」という地名が出てこないことが不思議でしたが、海軍の「追浜飛行場」からメジャーになった地名であることがわかって納得。海軍航空隊発祥の地です。(横須賀市HPから写真拝借)
Oppamahikoujou

先日の陸軍相模飛行場といい、あの戦争を想起しなければならない8月。本日は広島原爆投下の日。合掌。

2019年8月 5日 (月)

高尾山でトレーニング

今日も午前中は高尾山でトレーニング。6号路から登ってお寺の境内を通って1号路下り。今日は空気が澄んでいるようで、展望が良かったです。ヤブミョウガが満開。ヤマホトトギスかヤマジノホトトギスかどちらか咲き始め。帰りがけ昼過ぎに八王子の駅構内で両親にばったり会って超びっくり。穂高にハイキングに向かうそう。驚異の90代。
Img_6731Img_6738Img_6724Img_6729Img_6742Img_6745

追記:標高500mのところで聞きなれない蝉がたくさん鳴いていたので、調べてみたらエゾゼミらしい。

2019年8月 1日 (木)

愛川町郷土資料館 企画展「戦争の記憶」

Aikawa_memory_war1Aikawa_memory_war2

何かとお世話になってきた愛川町郷土資料館の山口さんのライフワーク的企画展にご挨拶がてらお邪魔してまいりました。相模陸軍飛行場(現 中津工業団地)があった愛川町ならではの戦闘機乗りと特攻隊にまつわる生々しい写真と解説の数々。8月はあの悲惨な戦争を想起する夏です。風化させず未来へこの記憶をつなごうという意志に賛同いたします。お時間ございましたらぜひお出かけ下さい。県立あいかわ公園の中です。
https://www.town.aikawa.kanagawa.jp/soshiki/kyouikuiinkai/spobun/kyodo/event/1563603223252.html

ついでに、宮ヶ瀬ダムも徒歩5分の場所です。
Img_6697

2019年7月25日 (木)

夏のトレーニング

Img_6565

6/3にやらかした右足の捻挫の痛みがまだ微妙に残っているため、夏恒例の週4回ぐらいの一時間走トレーニングが全く出来ず、その代わりに、多少時間がかかるが標高差のある登りをなるべく短時間のうちに歩くようにしようと、電車に乗って半日で上り下りが出来てヤマビルがいないところはどこだ?と考えて歩いてきました。相変わらず世界中の老若男女多し、でも、6号路登りで稲荷山下りはそれほどでもない。午後から出かけて午後4時に家に帰れるのだから、この夏はトレーニングに活用します。山頂のヤマユリが美しかったです。

2019年7月23日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「武蔵御嶽山」火曜組

Img_6488Img_6497Img_6499Img_6502Img_6520Img_6515Img_6523Img_6528Img_6531Img_6537

歴史地理&自然ウォーキング「奥多摩避暑遠征:武蔵御嶽山」火曜組、雨に降られることもなく無事終了いたしました。千年前に紀伊半島吉野金峰山「金の御嶽」(奈良県・山上ヶ岳)がコピーされた青梅市の武蔵御嶽山。奥深い歴史と自然のお山。標高900mまでケーブルカーで上って涼しい避暑ウォーキング。ヒグラシの蝉シャワーの中、キノコもたくさん。展望は残念ながらダメでしたぁ。

これで歴史地理&自然ウォーキングは夏休みに入ります。次回は、木曜組で9月12日(木)同じく武蔵御嶽山。一回参加も受付けています。
詳細はコチラ↓です。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2019年7月13日 (土)

房主講演会@伊勢原市中央公民館

本日は伊勢原市中央公民館で開催されました伊勢原郷土史研究会で講演してまいりました。テーマは「江戸幕府地誌調所旧蔵『新編相模国風土記稿』(陸軍文庫本)と霊山の地誌調書上 ―大山と八菅山―」。ご参加者は30名様ほどでしょうか、熱心に聴いて頂きました。

『新編相模国風土記稿』の浄書本「陸軍文庫本」の存在、『大山地誌調書上(写)』の存在、という神奈川県内でもまずほとんどの方が気付いていない重要資料の中身を映写しながらお話いたしました。定説の数々をひっくり返しておりますのでびっくりされた方も沢山いらっしゃったようです。

しかし妄想ではありません。当時の実態とは違う観念上の神仏分離が江戸幕府昌平黌地誌調所で始まっていたこと、「別当寺」という珍概念が地誌調所によって創作されたこと、同時代史料こそがもっとも真実に近いものと信じます。

Lecture20190713 Dsc_0028Bettouji_issann_jiin

2019年7月11日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「箱根芦ノ湖西岸踏破」木曜組

Img_6343Img_6347Img_6349Img_6372Img_6375Img_6370

歴史地理&自然ウォーキング「箱根芦ノ湖西岸踏破」の木曜組も無事終了いたしました。お休みの方も3名様いらっしゃいましたが、単会参加の方も3名様でちょうどプラスマイナスゼロ。今回は午後から雨に降られました。でも、深い森の中は傘を差さなくとも大丈夫。歩き切ったロングコース。標高720m-750mという高原の空気はやっぱり下界とは全然違います。箱根は歴史も自然もほんとに面白いエリアです。

さて、8月は野外講座もお休みなので木曜組は夏休みに入ります。次回は火曜組の7/23(火)「奥多摩遠征:武蔵御嶽山」です。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2019年7月 9日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「奥多摩遠征:武蔵御嶽山」下見

Img_6219Img_6229Img_6251Img_6274Img_6275Mitake_komaookamiImg_6262

歴史地理&自然ウォーキング「奥多摩遠征:武蔵御嶽山」の下見に青梅・奥多摩町の山々川沿いを下見してまいりました。山の中は霧、そしてずっと雨。展望なし。古里から高塚山も日出山も御嶽山も多摩川もたっぷり下見したので、これからコースを考えたいと思います。霧だったので、阿吽の狛狼写真シリーズを撮って帰って来ました(笑)。子ブタさんみたいな狼もいます。

本番は火曜組が7月23日(火)/木曜組が夏休み明けの9月12日(木)です。一回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2019年7月 6日 (土)

APPLE GEETA × かうりとのるぶ LIVE「神々のうた」

Img_6178Img_6179Img_6183Img_6192Img_6197

沢山のご来場、誠にありがとうございましたm(__)m。ナレーションで神々と仏陀について格調高く語るかうりとのるぶ。神様ラーガロック全開のAPPLE GEETA。天竺本朝神仏系マニアック&ポップ企画、またやらせて頂きます。さて、本日、登場した神仏の数は、果たして?

※中世の日本では、文化の伝播を「三国伝来」と表現していました。つまり、「天竺」(インド)→「震旦」(中国)→「本朝」(日本)。という訳で、その中の、「天竺」と「本朝」のお話と歌を中心にという感じあります。

***********************

Applegeeta_bancha20190706

7月6日(土)18:30 open 19:00 start ¥投げ銭(ドリンク&フード別)
「神々のうた-インド・ネパールから日本へ-」
♪APPLE GEETA:Akiko☆sitar(シタール)&George★kigawa(ギター/vo.) with 原田康生(タブラ)
♪かうりとのるぶ:かうり(ネパールサーランギ/歌)、のるぶ(マーダル)

今回のフライヤーは、10世紀のインドのsarasvati(サラスヴァティ=弁才天->弁財天)のレリーフと16世紀の天河弁財天(奈良県天川村)「天河秘密弁財天曼荼羅」を合成してみました。そして、万象房のドアを開閉する度に皆様が響かせている鈴は実は天河弁財天の五十鈴。はるばるインドからやって来て今も山伏たちの聖地大峰弥山山頂をはじめ江ノ島や竹生島や厳島に祀られるsarasvatiのご利益とご縁の不思議に感謝しつつ音を紡ぎましょう(^^♪

房主出演!そして、かなり面白いライブになります。途中入場も可能です。お時間ございましたらぜひお越し下さいませ。

より以前の記事一覧