フォト

BANSHOW-BOH/万象房

2022年5月23日 (月)

5/24(火)-5/30(月)週間スケジュール

0524_0530_2022

今週の土曜ライブは1月に中止順延となったインド音楽LIVEがやっと実現します。ラーガ(旋律)とターラ(リズム)が生み出す究極の即興音楽ドラマ。瞑想からパッションへ。精神の奥底まで届く音楽です。お聴き逃しなく。ご予約お待ちしておりますm(_ _)m。

今週も無事に一週間の予定がこなせますように(祈)。
https://banshowboh.com/live_cafebanshowboh.html

2022年5月22日 (日)

北インド古典音楽ライブ 国分あきこ&立岩潤三 Hindustani classical music Live

Hindustani_music20220528

5/28(土)は5月最後のライブ。1/22にやんごとなき事情で中止順延となっていたインド音楽ライブがついに実現します!国際派マルチスーパーパーカッショニストとして著名な立岩潤三さんをお迎えして、シタールはおなじみ国分あきこ。ご予約お待ちしております。

『丹沢・大山・相模の村里と山伏』143ページの比較図

http://banshowboh.cocolog-nifty.com/book2020/2022/05/post-c0f107.html

東京都「リバウンド警戒期間」終了

本日5/22で東京都の「リバウンド警戒期間」終了の連絡がありました。明日からの要請連絡はこちらです。徐々に元の営業スタイルに戻せたらと思います。
 まずは音楽レッスンを小部屋レッスンルームにいつ戻すか?ですが、もうしばらく様子を見ます。なにしろ、つい2週間前まで一ヶ月にわたり毎週のように臨時休業騒動が発生しておりましたので。
Tokyo20220522

2022年5月21日 (土)

オープンステージ vol.162

Openstage162all

ありがとうございましたm(_ _)m。
今回は第一回から出演していたヨシダカズ最後ステージが拝めるかもしれないという噂で旧知の皆様が集まり、しかも初出演の方も交えながら聴き応えたっぷりのライブとなりました。
16年間、万象房をやってきて良かったと思いました。

来月は6/11(土)の開催予定です。変則の土曜日開催は最後になると思います。社会状況が許せばですが、7月からは本来の第4水曜日夜に戻す予定です。

2022年5月20日 (金)

(株)K製作所有志主催ヨシダさま送別会

Img_1861Img_1869

久しぶりの貸切パーティ。2007年来の万象房常連ヨシダさんの勤務先の皆様による送別会。皆様ほんとに楽しそうで、ヨシダさんが皆さんから慕われていたのがよくわかりました。お勤めご苦労様でしたm(_ _)m。最後には某常連スラックキーギタリストを雇ってクールダウンLIVEまで企画されていました。

本日のメニューは、サラダ、自家製ピクルス、ロングソーセージ、キノコと野菜たっぷりのチキントマトシチュー(フランスパン付)、ブドウのデザート。

最後は関東一本締めでお開き。関西での前途を祝しました。

ウクレレ情報誌『ローリングココナッツ』95号入荷しました。

Img_1859

お客様、会員様に先着順で差し上げます。
https://rollingcoconuts.com

2022年5月16日 (月)

5/17(火)-5/23(月)週間スケジュール

5/21現在、オープンステージのエントリー枠は埋まりました。
--------------------

2022_0517_0523

今週は金曜Barナイトの営業はありません。某株式会社有志の皆様主催の貸切パーティ営業になります。

土曜日5/21は参加型LIVEオープンステージvol.162の開催。残枠あと2名様です。ふるってご出演ください。オープンステージ発起人のお一人ヨシダさんも最後のエントリーされてます。
https://banshowboh.com/openstage.html

2022年5月15日 (日)

オープンステージ vol.162

5/21現在、エントリー枠は埋まりました。

5/20現在、残枠2名様です。

---------------------------

Openstage_evening162

5月のオープンステージは5/21(土)に開催。14年前のオープンステージ発起人のお一人ヨシダカズ氏最後の出演の予定です。エントリーご予約お待ちしております。
https://banshowboh.com/openstage.html

2022年5月14日 (土)

ウクレレ中級ワークショップ快速系ウクレレ奏者「まいたけ」の巻 vol.15

Img_1850

少人数ではありましたが、今回も弾き応えのある課題曲に取り組んでいた皆様。ウクレレならではの表現が魅力のマニアックなワークショップ。6/18のウクレレ祭vol.33でその成果を披露して下さる方がきっといると思います。

次回も8月20日(土)vol.16と決まりました。今からご参加者を募ります。

より以前の記事一覧