フォト

Walking&Fieldwork/歩く!

2024年3月 4日 (月)

国会図書館まで無駄足

Img_0289

国会図書館まで資料を探しに出張。しかし、国会図書館サーチのその書籍の一般注記には「複製および翻刻」と書かれていたのに、手に取ってみたら複製のみで翻刻は無し!!!ひどいなあ。研究ネタではなくガイド仕事用ネタなので、この江戸時代の崩し字を読んでる暇はないなあ。無駄足。新しく入っていたレストランで国会中継見ながらカツカレーだけ食べてあんまり緊張感のない自民党本部前を通って帰ってきました。

2024年2月27日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「信仰の道 七沢・鐘ヶ岳と巡礼峠(厚木市)」火曜組

Img_9646Img_9652Img_9657Img_9658

鐘ヶ岳は不思議なお山。1100年以上前の謎の古代山岳寺院の遺跡があるし、300年以上前に尾張徳川家からも信仰された木食上人の立派な近世山岳寺院遺跡もあるし、鐘ヶ岳を浅間山(富士山)と見立てていた160年前の富士講の人々が建立した丁目石が揃っているし、昭和30年代まで約300年近く採掘されて来た石切場もたくさんあるしと、宗教史ネタには事欠かないフィールド。冷たい強い風が吹きつけていましたが日差しはポカポカで、早春の花が咲き始めていました。

それにしても、謎の古代山岳寺院跡は、いつも日差しが暖かくて風が弱くて不思議な場所。皆さんまったりとお弁当タイム。平安時代の国家仏教を担う山林修行中の僧たちもさぞ快適に感じていたに違いない。

次回は、同じコースで、金曜組3月8日/木曜組3月14日です。一回参加も受け付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2024年2月25日 (日)

歴史地理&自然ウォーキングのご案内ムービーを作成しました。

※自分のオリジナル曲をBGMに使ったのに著作権で注意されました(-_-;)。

2024年2月22日 (木)

華ひらく律令の世界@神奈川県立歴史博物館

Img_9631Img_9630

本日は夜の業務だけだったので、日中は横浜の県立歴史博物館の遺跡展「華ひらく律令の世界」の見学に雨の中出かけました。相模国と武蔵国の両国の出土物が律令制以前から終焉まで、いくつかのテーマに沿って、バランスよくわかりやすく展示されていてとても勉強になりました。ただ、個人的には山寺と山林修行の解説が簡単すぎるなあと思ってしまいました。鐘ヶ岳廃寺の瓦の一つでも展示すれば良いのに。

深大寺の国宝に指定されている「銅造釈迦如来倚像」(白鳳期)と並んで関東地方最古の仏像「銅造観世音菩薩立像」(白鳳期、武蔵国分寺・国分尼寺関連遺跡出土、東京都指定文化財)の複製像が展示されていて、最古の観音様のお顔に見とれてしまいました。この遺跡展は3/6(水)までです。

その後、横浜市立図書館にも資料のコピーを取りに行こうと思い、途中、桜木町地下鉄駅連絡口近くの、昼間からたくさんの方が酔っていらっしゃる地下飲食店街の中華料理屋でお昼を食べようと席に着いたとたん、高校時代のクラスメートで某新聞社で論説委員まで務めていた春名君が目の前に現れてびっくり仰天。なんでも病院帰りにお昼を食べようと歩いていたら旧知の細身のおじさんが目に入ったらしい。という訳で近況報告などしながら一緒に食事をしました。

2024年2月16日 (金)

『かながわ山岳誌』

Img_6820

先週、日本山岳会神奈川支部砂田さまからと鈴木先生(慶應義塾大学名誉教授)からと同時にこの本をご恵贈頂きました。同じ本が2冊あるので、一冊は万象房に置いて皆様に閲覧して頂けるようにしました。各分野の専門家と登山家がチームを組んでのなかなかの力作でコンパクトにまっている内容なので、丹沢を歩く方は出来れば書店でのご購入をお勧めいたします。

https://www.yamakei.co.jp/products/2823886780.html

2024年2月14日 (水)

歴史地理&自然ウォーキング「信仰の道 七沢・鐘ヶ岳と巡礼峠」下見@厚木市七沢その2

Img_9614bImg_9618

ちょっと確認したかったこともあったので、今日もトレーニングがてら下見も兼ねて鐘ヶ岳山頂から山ノ神隧道まで遠征。自然担当酒井講師も同じエリアで下見されていたらしい。今回の下見は別行動ながら、酒井講師は清川村煤ヶ谷の名士に山中でお会いになったらしいです。よっぽどご縁があるお2人。

さて、本番は2月27日(火)/3月8日(金)/3月14日(木)。一回参加も受け付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2024年2月 9日 (金)

歴史地理&自然ウォーキング「三浦半島葉山の歴史と自然」金曜組

Img_9531bImg_9535bImg_9549

三浦半島横断の旅 葉山編、これにて3クラスとも無事終了いたしました。本日はなんとか富士山も伊豆天城山も伊豆大島も拝めました。雪の丹沢山地と江ノ島のコントラストも見事です。大磯と並ぶ明治大正期の超高級別荘地エリアの海沿いから里山の風情が残るエリアまで、今日も、景色を楽しみ、庚申供養塔の名作の数々を鑑賞し、活断層が作り出した独特な地形の中に積み重ねられてきた歴史を感じ無事帰途につきました。

次回は、2月27日(火)/3月8日(金)/3月14日(木)「信仰の道 七沢・鐘ヶ岳と巡礼峠」(厚木市)です。一回参加も受け付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2024年2月 8日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング「三浦半島葉山の歴史と自然」木曜組

Img_9511Img_9512

本日も三浦半島を西から東へ横断大作戦。ところが!富士山がほとんど見えない!!冬で晴れているのに富士山も天城山も伊豆大島も拝めないとは滅多にない事態。ちょっとがっかりしながらも、今日ご参加の皆様にはその分きっと良いことがあると信じます。
 それでも、奈良時代8世紀途中までの旧東海道であり、江戸時代の幹線道路浦賀道であり、江戸時代の庚申供養塔の個性的な傑作が揃う三浦半島葉山です。楽しく充実した一日となりました。
 次回は明日2月9日金曜組で同じコースです。

2024年2月 2日 (金)

歴史地理&自然ウォーキング下見@厚木市七沢

Img_9453Img_9464Img_9473

歴史地理&自然ウォーキングのコース作りに鐘ヶ岳周辺の厚木市七沢エリアを下見。当日は山頂まで行きませんが、久しぶりだったのでトレーニングがてら山頂まで登ってみたら木々が成長して浅間神社からの展望が遮られていました。

当日は、七沢城と上杉氏、石材と石工と石仏の里・七沢、浅間信仰・富士講・観音信仰と巡礼者たちの足跡、鐘ヶ岳の自然、といったテーマになる予定です。それにしても、トイレ・ポイントが少なくて、まだ思案中です。本番は2月27日(火)/3月8日(金)/3月14日(木)なので、もう一回下見します。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2024年1月23日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「三浦半島葉山の歴史と自然」火曜組

Img_9364_20240124002401Panorama_19c_21c_hayama

葉山の海辺からディープ葉山の奥地まで。地層と活断層、明治時代の超上流階級の大磯と並ぶ別荘文化、海の近くに山岳信仰の痕跡、庚申供養塔の驚くほどのヴァラエティ、歴史上の交通の要衝としての葉山、三浦半島の田園風景、などなど。バスを利用しながらも、西海岸から東海岸へ。三浦半島横断の一日トリップが無事終了いたしました。

次回は同じコースで、木曜組2月8日/金曜組2月9日です。一回参加も受け付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

より以前の記事一覧