フォト

Asia/アジア

2020年9月24日 (木)

房主新著『丹沢・大山・相模の村里と山伏』販売開始

Img_3287Book_yumekouboh20200923
房主新著『丹沢・大山・相模の村里と山伏』、本日から万象房でお買い求め頂けるようになりました。早速、ご興味を持って下さった講師陣や会員様などが購入して下さいました。全国どこの書店でも注文すれば購入して頂けるのですが、営業活動は気長にやりましょうという事ですのですぐには店頭ではお目にかかれないと思います。恐らくアマゾン嫌いの出版社(全国多くの小出版社がアマゾンの傍若無人さに怒っている模様)なのでアマゾンでの販売も当面わかりません。
★注文用フライヤー(pdf)はコチラです。
 ちなみに私の本は10年経つと皆様がその価値に気付いて絶版になってからプレミアがつく傾向にあります。資産としてもお勧めです(笑)。参考に15年前の拙著2000円に90万円近い値段を付けて販売している古書店まである!=>『丹沢の行者道を歩く』

9/26(土)オープンステージ、あと2名様です。

今月までは出演者マックス8名様、要事前エントリー予約制でお願いしております。

https://banshowboh.com/openstage.html

2020年9月22日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「大雄山と大雄町の里山を歩く(南足柄)」

Img_3275_miniImg_3258Img_3280Img_3283

歴史地理&自然ウォーキング再開!半年ぶりに皆様が戻って来て下さいました。森の中で、この日を待っていましたとばかりに皆様楽しんで下さいました。さすがにメンバーは3割強ほど減りましたが休日を利用して単会参加の方も3名様参加して下さいました。もう、今後は開き直って秋スタート夏終わりの年間スケジュールで実施いたします。今日からまた一年間よろしくお願いいたしますm(__)m。次回は同じコースで木曜組10/8(木)、単回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

可愛い蛇に遭遇。ヒバカリ(日量・日計)の模様。噛まれたら「その日ばかり」と勘違いされて名付けられた無毒の蛇らしい。蛇は、日本では弁才天(弁財天)のお使い、開運の象徴でもあります。しかも可愛らしい蛇。今日のご参加者にはきっと良いことがあります。

2020年9月20日 (日)

オープンステージナイト vol.143

Openstage_evening20200926

参加型ライブ「オープンステージナイト」ですが、営業再開以来土曜日&休日に復活開催しております(本来は第4水曜夜)。Live&Directの音楽が死なないように。あと4名様ご予約可能です。

以下、Covid-19に対する不安感を皆様に与えないように取っている万象房の対策
①夜の音楽ライブはしばらく中止、日中夕方の時間に開催!18時終了。
②大窓2つ開けっぱなし、常時5階の風が吹き抜けるスーパー換気環境を確保。
③人数8名様以下限定の閑散環境を確保。しかも事前予約制。
④シンガー(歌う人)の前には透明PETプレートを天井から垂らし飛沫拡散防止。
⑤終了後の外部飲食店での集団打ち上げの禁止(笑)!窓の無い閉鎖スペースでの宴会は避けて下さい。

以上。ぜひ、風が吹き抜ける万象房へお越し下さいませm(__)m。

2020年9月16日 (水)

房主最新著書『丹沢・大山・相模の村里 と 山伏』

Book2

房主の最新著書『丹沢・大山・相模の村里 と 山伏』(夢工房)がもうすぐ発売されます。書店等での流通はまだ先になると思いますが、(今、多難な時なので)万象房でも直接販売をしようと一定冊数を仕入れました。本日からご予約を承ります。ハンディーでどなたにも読み易く1600円(税別)。
ISBN978-4-86158-095-6 C0021
丹沢山地にご興味のある方、大山信仰にご興味のある方、山伏にご興味のある方、昔の事にご興味のある方、歴史的証拠を揃えて今までの誤った俗説・通説を正しながら江戸時代以前の歴史話あれこれ。自信をもってお勧めいたします。

2020年9月15日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「相模の山里と海辺の古道を歩こう」

2020outdoor2_banshowboh

来週9/22(火)から歴史地理&自然ウォーキングを再開いたします。春スタートを諦め訳の分からない5カ月が過ぎましたが、日本の公教育が結局実現できなかった秋新学期を実行!今年度の年間会員は火曜組木曜組合わせて24名様(昨年度は33名様)。Covid-19騒動のおかげで少数精鋭です。という訳で一回参加の枠はたっぷりあります。初回は9/22&10/8「大雄山と大雄町の里山を歩く(南足柄)」。一回参加費3500円(資料テキスト・保険料込)です。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2020年9月13日 (日)

インド音楽レッスンの一日

Img_3196Img_3202Img_3207Img_3210Img_3213Img_3215

昨日のインド音楽ライブに弾き続き、本日も一日インド音楽。朝からタブラ・レッスン3コマ、午後後半からシタール・レッスン4コマ。20時を過ぎてもまだ続いております。

大きく窓を開け放って風が通るこのレッスン環境に皆さんも安心して下さっているようです。何と言っても、インドの楽器はまずどんな天才でも独学独習で習得することは不可能です。ギターやウクレレとは訳が違うのです(私はギター弾き)。それだけにお師匠さんから受けるこのレッスンがとても貴重なのです。さすがにこのCOVID19による社会混乱でいらっしゃらなくなった方もいらっしゃいますが、他の楽器と比べるとまだ少なめです。

こんな時こそ音楽を心の支えにして頂ければと祈るように願っております。

来月はタブラ・レッスンが絢子先生のご都合で第三週10/18(日)に変更になります。シタール・レッスンは原則通り第二週です。

2020年9月12日 (土)

再開試行ライブ Vol.4 "Indian Wind" 北インド古典音楽LIVE

Img_3175Img_3192

再開試行ライブ Vol.4 "Indian Wind" 北インド古典音楽LIVE ♪国分あきこ(シタール)♪原田康生(タブラ)、盛況のうちに終了いたしました。熱帯低気圧接近による雨でお足元の悪い中、ご来店頂きまして誠にありがとうございました。即興性の高いインド音楽はやはり生が一番です。Live & Directこそ音楽の命。オンラインで何がわかるものか。涙が出そうに嬉しかったです。

今日のラーガはすごかったけれど素人には難しかったかな。アンコールは色っぽい旋律で日暮れ時にはぴったりでした。また沢山のおひねり、ありがとうございましたm(__)m。ポストにはまた匿名のおひねりも頂きまして恐縮です。

さて、次回Vol.5は、滅多に聴けない快速系ウクレレソロまいたけです。こちらもご予約制となっております。お待ちしております。

2020年9月10日 (木)

大山調査

Img_3152Img_3171

大山の秦野市側の山中で不思議な遺跡が見つかったという情報を秦野市の文化財・市史担当から頂いていたので、本日午後、調査に同行させて頂きました。某大手テレビ局の番組スタッフのチームが沢登り中に発見したということで、案内人兼取材チーム付き。思いっきり番組で取り上げる様相でずーっと録画撮影もありました。

発見者のテレビマンは山を走るそうなので、自分も良く知ってる山を走る青年政治家の名前を上げたら、その世界では有名なサスケさんということで、思いっきり知り合いでした。山を歩きながら噂話で盛り上がりました。

肝心の遺跡は、うーん。少なくとも修験系の祭祀遺跡ではなかったです。あとは、秦野市の考古学の先生方のご報告とテレビ放映があるのかないのか。本日はヤマビルを5匹ほど始末しました。蛭さがりのジョニーと新兵器の濃厚食塩水を活用。付き添いの女性山岳ガイドさんは可哀そうに出血された模様。

帰りに江ノ島と三浦半島の向こうに不思議な虹が見えました。今日もなかなか有意義な時間になりました。

2020年9月 9日 (水)

ナラ枯れ

200819

ご存知の方も多いとは思いますが、ここ数年、日本の森の樹木にも伝染病が流行し全国的に大きな問題になっています。なんとも異様な光景を目にすることが増えて来ました。写真は父親が送って来た実家の裏山の様子。

詳細情報↓
https://www.k-crk.com/s_naragare.html

より以前の記事一覧