フォト

Asia/アジア

2019年10月15日 (火)

学校の社会科「地理」は大事。

全国の台風被害の全貌がだんだんわかってきて、その悲惨さに心が痛みます。被災者の皆様には重ねてお見舞いとお悔やみを申し上げます。

河川の「氾濫原」が開発されたくさんの方が住んでいる現在。日本の長い歴史の中ではこの数十年だけにみられる特殊な現象です。かつて「倫理社会」が専門なのに「地理」の授業もよく担当させられたのですが、この学問分野は社会にとってリアルにとても大切だな、と再認識したものです。でも、「地理」も「倫理」も受験科目としては脇役。だから高校のカリキュラムでも重視されない。でも、現代人にとって最も大事な内容。「英語」より大事なんですよ!

埼玉大学の人文地理学の谷謙二先生の研究室が大変すばらしいサイトを開設していらっしゃいます。専門知識がなくても明治時代にさかのぼるもともとの地形と現在が比較できます。ぜひご自分の生活範囲を確認してみてください。

http://ktgis.net/kjmapw/kjmapw.html?lat=35.442911&lng=139.380884&zoom=14&dataset=tokyo50&age=0&screen=2&scr1tile=k_cj4&scr2tile=k_cj4&scr3tile=k_cj4&scr4tile=k_cj4&mapOpacity=10&overGSItile=no&altitudeOpacity=2

2019年10月14日 (月)

台風一過の相模川

歴史地理&自然ウォーキングの自然担当、厚木の明子先生の周辺は大変だったらしいです。避難所に避難した方や、高層の親族のお部屋に避難したりで、落ち着いた今日になってご連絡を頂きました。相模川と歴史的に縁の深いお家で川からとても近いので心配しておりましたが良かったです。

写真レポートも頂きました。毎朝実を採集していたオニグルミの木々は消滅したそう。そして、その代わりモクズガニを4匹も捕まえてる!

Image2Image1

2019年10月13日 (日)

台風一過のタブラ・インドの太鼓レッスン

Img_7881Img_7882Img_7889

少し開始が遅れましたが、13時過ぎからタブラ・レッスンが始まりました。本日から、なんと浜松からご受講の方がご入会!新幹線に乗って一番乗り。

結局、3クラスともご欠席が少なく、しかもご入会希望の見学の方もいらっしゃって盛況なレッスンとなりました。

インドの太鼓・タブラ始めませんか!?
https://banshowboh.com/tabla_ikeda.html

台風一過の万象房屋上

Img_7876

ただ今の万象房屋上から見た丹沢山地は雲一つなく、奥にそびえる蛭ヶ岳へ連なる主脈、左の大山から右に伸びる大山北尾根、ちょこっと見える三峰、手前の華厳山・経ヶ嶽・仏果山の山並みと展望は完璧です!

横浜線も動き出しました。神奈中バスも走っております。あとは小田急線の復活を待って、午後からタブラ・インドの太鼓レッスンの予定です。

万象房内も雨漏りなし!自転車で来る途中も道路上問題なし!ただ、被災されている皆様にはお見舞いを申し上げるとともに、まだその渦中にある国内の皆様のご無事をお祈り申し上げます。

2019年10月11日 (金)

10/13(日)タブラ・レッスン時間変更について

日曜日のタブラ・インドの太鼓レッスンですが、絢子先生と相談の上、全クラス2時間遅れで開講することにいたしました。

①13時-
②14時30分-
③16時-
とさせて頂きます。

個別連絡はいたしましたが、確認の告知です。
https://banshowboh.com/tabla_ikeda.html

※シタールクラスがもともと一週間後に振替になっていて、時間が空いていました。

2019年10月10日 (木)

歴史地理&自然ウォーキング木曜組「按針塚を目指して―追浜から浦賀道周辺を歩く」(横須賀)

Img_7819Img_7827Img_7838Img_7864

「按針塚を目指して―追浜から浦賀道周辺を歩く」(横須賀)の木曜組も無事終了いたしました。暑すぎず、風も心地よく、快適でアカデミックなウォーキングとなりました。山の中にも海岸性の植物が多いのはさすがに横須賀です。W杯のイングランド対フランス戦が台風で中止になりましたが、せっかくだからイングランドチームは三浦按針のお墓参りにでも来たらいいのに、などと冗談を言いながら400年前の日英のつながりに思いをはせました。

さて、次回は10月22日(火)/11月14日(木)「材木座から逗子の海岸線の歴史と自然を歩く」(鎌倉・逗子)、木曜組は一回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2019年10月 8日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング「材木座から逗子の海岸線の歴史と自然を歩く(鎌倉・逗子)」下見

Img_7755Img_7746Img_7767

10月後半&11月前半の歴史地理&自然ウォーキング「材木座から逗子の海岸線の歴史と自然を歩く(鎌倉・逗子)」の下見に逆回りで出かけました。新逗子から歩き始め鎌倉まで。海の自然と山の自然、お寺と神社、そして歴史ある漁師町と日本のビバリーヒルズの対比。もちろん絶景も。色々な要素が詰まった面白いコースになりそうです。木曜組は一回参加も受付けています。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

台湾リスのかじり跡が気持ち悪い樹木たくさんあり。

鎌倉の浄土宗大本山ではもうすぐ行われる十夜法要のリハーサル中のご様子。突然聞こえてきた声明にちょっと感動。

2019年10月 5日 (土)

バルカンとインドの不思議なリズム

Img_7702Img_7709Img_7713Img_7714

今宵も濃い~夜でありました。ブルガリア・マケドニア・ルーマニア・・・と東ヨーロッパの変拍子舞曲を次々に繰り出すArte Nitsaの楽曲群にびっくり。そして、サーランギ&タブラのインド古典は万象房ではお馴染みですが、リズムのヴァリエーションを紹介しながら長大なラーガを切り分けてのステージ構成は新鮮でした。たくさんのご来場誠にありがとうございました。ミュージシャン比率が超高かったですな。

最後のセッションももちろん普通聴けない編成で皆さん大喜びでした。

**************************

191005

10月5日(土) 18:30 open 19:00 start
第2回 古旋律小劇場 ~バルカンとインドの不思議なリズム~
♪Arte Nitsa
  音羽マキ(ボーカル、アコーディオン、ブルガリアン・タンブーラ)
  吉田一夫(フルート)
  神保洋平(ドラム、パーカッション)
♪西沢信亮(サーランギ)&森上唯(タブラ)

インド・サーランギ奏者 西沢信亮プロデュース「古旋律小劇場」の第二弾!バルカン音楽のArte Nitsaが初出演。滅多に聴けないマケドニア、ブルガリヤ、ルーマニアなどのエキゾチックなトラッドに触れる絶好のチャンスです。そして、インドのラーガももちろん。果たしてボーダーを越えたセッションもあるのか!?楽しみです。民族音楽&ワールドミュージックの素敵な夕べです。

プロデューサーがキノコマニアだから、キノコ研究者の息子としては、スペシャルメニューにキノコ・カレーを作らざるをえないかと(笑)。

2019年10月 1日 (火)

武蔵御嶽山の大イチョウ倒壊

Img_6311 190913

歴史地理&自然ウォーキング会員の周東さんからご連絡頂きました。皆さんで記念写真を撮った禊橋奥の大イチョウが野外講座翌日の13日の10時30分頃に倒壊したそうです!一日違いで大変なことになっておりました!皆さんご無事で良かった。

一枚目は私が下見の時に撮った写真。二枚目は送って頂いた倒壊後の片付け写真(もとはご宿泊された嶺雲荘から頂いた写真だそうです)。

2019年9月29日 (日)

W杯パブリック・ビューイング

Img_7678

オーストラリア対ウェールズ、おそらく予選リーグで一番の実力伯仲好カード。この試合こそ見逃せない。万象房臨時休業日、チケットのリセール入手も難しく、横浜みなとみらいのパブリック・ビューイングに出張。

ビールとフィッシュ&チップスを持って歩いていたら「きがわさん!」と声をかけられてびっくり。なんと台工(かつての相模のオールブラックスですぞ!)以来の仲良し清田先生。またビールを飲み過ぎ。ワールドカップは身体に悪いかもしれない。

Img_7666mini

より以前の記事一覧