フォト

Asia/アジア

2020年4月 2日 (木)

塩川滝

今週は仕事が消滅してしまったので、執筆中原稿に挿入する写真撮影に愛川町まで出張しました。ついでに塩川滝へ。滝音と飛び散る(清らかな!)飛沫にほっといたしました。南関東の宗教文化と信仰の歴史を考える上で重要な滝です。

2020年4月 1日 (水)

ふくしまこども寄附金報告71

本日、皆様からお預かりした義援金募金1月-3月分を福島県「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に三菱UFJ銀行を通じて寄付いたしました。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21055a/kifu.html
-------------------
1月-3月分:12,500円
-------------------
オープンステージナイトにご出演の皆様、EbAkウクレレ組の皆様、藤岡マサ様、ありがとうございました。
https://banshowboh.com/openstage.html
-------------------
現在の累計募金額858,706円
-------------------
※東日本大震災子ども支援基金事業報告書
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21055a/kodomoshienkikin.html
-------------------
9月-11月:14,500円
6月-8月分:10,500円、3月-5月分:12,500円、1月-2月分:15,000円
10月-11月分:14,500円、7月-9月分:16,000円
5月-6月分:12,500円、3月-4月分:18,500円、1月-3月初分:18,500円
2017-2018年末年始分:11,285円
11月分:10,000円、9月~10月分:10,000円、7月~8月分:10,500円
5月~6月分:12,000円、3月~4月分:22,000円、1・2月分:11,000円
2016年11月~2017年始分:11,000円/9・10月分:20,000円
7・8月分:13,000円/5・6月分:9,700円/2・3・4月分:16,000円
2016年1月分:9,000円
10・11・12月分:16,000円/8・9月分:15,000円
6・7月分:12,000円/4・5月分:15,500円/2・3月分:10,000円
2014-2015年末年始分:10,250円
10・11月分:12,500円/8・9月分:11,500円/6・7月分:7,000円
5月分:5,000円/4月分:5,000円/3月分:11,000円/2月分:5,600円
1月分:6,500円
2013-2014年末年始分:7,300円
11月分:7,500円/10月分:4,500円/9月分:4,500円/8月分:6,000円
7月分:5,000円/6月分:7,300円/5月分:6,000円/4月分:12,000円
3月分:6,000円
2月分:8,600円(以下はユニセフ募金)
1月分:5,000円/2012-2013年末年始分:14,750円
11月分:4,500円/10月分:9,500円/9月分:11,000円/8月分:27,500円
7月分:9,500円/6月分:12,000円/5月分:8,400円/4月分:10,500円
3月分:15,000円/2月分:5,600円/1月分:8,500円
2011-2012年末年始分:13,800円
11月分:12,500円/10月分計:9,000円/9月分計:10,000円
8月分計: 8,000円/7月分計:12,500円
6月分計:12,621円(以下は町田市→日本赤十字社)
5月分計:28,450円/4月分計:26,530円/3月分計:55,520円

2020年3月29日 (日)

災いに桜もおののく雪見かな@恩田川

2020年3月29日(日)@東京都町田市恩田川
音楽:APPLE GEETA

2020年3月27日 (金)

「了解」という言葉が失礼だというウソ

Ryoukai

「了解」というコトバは普通の言葉である。どの国語辞典を調べても、普通の言葉である。

でも、目上の人には使うべきではないという風潮が10年前ぐらいから生まれたらしい。それは一部のビジネス本やウェブ上のページが発信源になっていたらしい。これもインターネットやSNSが生み出した負の要素の一例でしょうか。通信用語としての「ラジャー!」の日本語版「了解!」のぶっきらぼうなイメージを一部の人が拡大解釈&拡散してしまったらしい。

国立国語研究所が公開している研究発表の中にその辺を分析している面白いのがありました↓。
https://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/lrw/lrw2018/P-1-02-E.pdf

「了解しました」はどんどん使いましょう!それを注意する組織の上司がいたら正しい日本語を教えてあげましょう。

2020年3月26日 (木)

南足柄三竹・小田原久野下見フィールドワーク

歴史地理&自然ウォーキングの新年度1回目「新緑の久野・南足柄三竹の丘陵を歩く(小田原・南足柄)」のコース設計下見に行ってまいりました。実施できることを切に願っています。桜はソメイヨシノはまだちょっと早い感じでしたが、ハルメキザクラは咲き終わり、種類によって色々な感じでした。歴史も自然もヴァラエティーに富んだ良いロングコースが出来たと思います。

本番は4月28日(火)/5月14日(木)の予定です。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html#2020new

★もしもの事態についてはコチラ↓
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html#against_virus2020

Img_1400Img_1429Img_1432Img_1436Img_1449Img_1458Img_1492

2020年3月25日 (水)

オープンステージナイト vol.140

Openstage140

140回にして最少出演者数記録更新でしたが、中味はちょっと他では聴くことの出来ない充実のセッションとなりました。誠にありがとうございました。その最中に、東京都が週末外出自粛要請の報。ついに来てしまいました。今日は音楽が出来て良かった。

************************

Openstage_spring1

参加型ライブ「オープンステージナイト」の第140回です。

咳の出ていない体調のよろしい方限定で遠慮なくお越し下さい。窓を開けて風を通しながら営業いたします。夜桜もきれいになってまいりました。帰り際の桜が格別です。この状況下、絶対少人数なのは承知の上、音楽のあかりを灯し続けましょうぞ♪
https://banshowboh.com/openstage.html

2020年度歴史地理&自然ウォーキングのご案内

2020outdoor_banshowboh

2020年度歴史地理&自然ウォーキングのご案内です。
https://banshowboh.com/walking_kigawas.html
ただし、緊急事態への対応は昨日お示しした以下の通りに行う所存です。
------------------------------
① 4月後半の時点で事態が悪化して実施不可能となった場合
・今年度の開始を秋9月後半からに変更いたします。つまり、9月後半開始―2021年7月終了の変則年度になります。その際は、計画されている4月―9月前半分は2021年にそのまま移行します。
※ なお、考えたくもない事ですが、秋になっても実施不可能でしたら、全額ご返金いたします。その場合、万象房の他の業務もすべてストップすると思うので2021年度以降は、万象房自体が倒産していると思います。

② 新規会員の募集について
・この社会情勢で、タウンニュースに募集広告(約15万円)を出しても意味がないので、口コミ・インターネットのみに限ります。従いまして、新しい会員はまずいらっしゃらないと思います。

③ この状況で判断がつかない方へ
・つきましては、今年度は単会参加枠は十分にあります。安心できるタイミングからご参加頂ければと思います。

④ その他
・臨機応変に対応したいと思います。

2020年3月24日 (火)

歴史地理&自然ウォーキング 湯河原 火曜組

Img_1321Img_1335Img_1352Img_1362

「湯河原」とは土肥郷(今の湯河原町・真鶴町エリア)の中で温泉が湧く藤木川の河原の地名でありました。この狭い一地域の温泉地名をもとに湯河原町という町名が生れ、多くの人々に認知されて現在に至っています。本日は、そんな温泉場周辺コースと池峰の自然を歩くウォーキングとなりました。

実は、そんな予定ではなかったのでした。本来は標高650mのシトドの岩屋バス停までバスで上がり、そこから下って来る予定でした。ところが!なんと乗るはずの芦ノ湖箱根港行のバスが3/20に路線廃止になったのです!それを知ったのは本日単会参加の坂口さんが前乗りで湯河原でバスを調べて下さった前日の夕方に判明したのでした。焦りました。自然担当城川四郎講師と急遽相談し本日のコースへとアレンジいたしました。

でも、一年間最後の歴史地理&自然ウォーキング。息が詰まるようなニュースばかりの中、いつもより少数ながらご参加の皆様にとっても安心して深呼吸が出来る楽しい一日になったと思います。一年間ありがとうございましたm(__)m。

4月以降新年度の詳細実施要項と1年間の集合写真集もお配りいたしました。そして、この文書も添えました。未来は暗黒の中ですが、出来るところまで無理せず行きます。次回は4月9日(木)同じコースで木曜組です。
For_emergency2020march

https://banshowboh.com/walking_kigawas.html

2020年3月22日 (日)

タブラ・インドの太鼓レッスン

Img_1303

3か月ぶりのタブラ・レッスン3クラス。絢子先生はオーストリア演奏ツアー1ヶ月間につきましては無事任務完了だった由。しかし、インドの師匠の所へのタブラ修行につきましてはこの度の不穏な国際情勢のとばっちりを受けて渡印がかなわずだったそうです。

久しぶりのタブラの音。窓を開けて風を通しての太鼓集団。一応、ビルの周りを廻ってどのくらい音が外に響いているか確認してみましたが、ほとんど聞こえませんでした。むしろ1階のお店のBGMの方が音が大きい。

もちろん諸般の事情によりお休みの方はいらっしゃいました。皆様、どうぞご無理せず、環境が許せる方で咳の出ていない体調のよろしい方のみお越し下さい。

次回は原則通り第2日曜日4月12日です。
https://banshowboh.com/tabla_ikeda.html

2020年3月19日 (木)

広島さんの記事

より以前の記事一覧