フォト

« 南足柄三竹・小田原久野下見フィールドワーク | トップページ | 東京のどこで? »

2020年3月27日 (金)

「了解」という言葉が失礼だというウソ

Ryoukai

「了解」というコトバは普通の言葉である。どの国語辞典を調べても、普通の言葉である。

でも、目上の人には使うべきではないという風潮が10年前ぐらいから生まれたらしい。それは一部のビジネス本やウェブ上のページが発信源になっていたらしい。これもインターネットやSNSが生み出した負の要素の一例でしょうか。通信用語としての「ラジャー!」の日本語版「了解!」のぶっきらぼうなイメージを一部の人が拡大解釈&拡散してしまったらしい。

国立国語研究所が公開している研究発表の中にその辺を分析している面白いのがありました↓。
https://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/lrw/lrw2018/P-1-02-E.pdf

「了解しました」はどんどん使いましょう!それを注意する組織の上司がいたら正しい日本語を教えてあげましょう。

« 南足柄三竹・小田原久野下見フィールドワーク | トップページ | 東京のどこで? »

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗」カテゴリの記事

Asia/アジア」カテゴリの記事

kigawa-t/個人的日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南足柄三竹・小田原久野下見フィールドワーク | トップページ | 東京のどこで? »