フォト

« 多摩川と玉川上水フィールドワーク | トップページ | 鎌倉・逗子海岸線丘陵フィールドワーク »

2018年12月28日 (金)

浦賀道・按針塚フィールドワーク

Img_2607 Img_2629 Img_2638

「歴史地理&自然ウォーキング」コース作りフィールドワーク、2日目は追浜から浦賀道を歩いて逸見まで。武蔵と相模の国境から峠をいくつも越えて浦賀を目指す道。三浦半島は山と交通量の多い車道に分断されてコース作りが難しいフィールド。歩きながらひらめきました。途中で電車を使おう!京急なら本数も多いし。このフィールドもなんとかなりそうです。
 
路傍の馬頭観音のデザインが小田急線沿線と全く違います!おーっ、と思わず声も出た。田浦の梅園は水仙が花盛り、たぶん本番では行かないと思います。山の上過ぎて、峠をいくつも越えるコースにこれを加えたら皆さん動けなくなるかもしれません。
 
アメリカ軍の原子力空母ロナルド・レーガンが港の奥に鎮座していました。艦載機は厚木基地、つまり、この空母の寄港中は町田万象房上空の騒音発生件数が増えます。レーガン大統領の顔も思い出しました。あの時の副大統領はジョージ・ブッシュだった。普通に目の前に原発があるこの現実。色々と複雑な気分になりました。

« 多摩川と玉川上水フィールドワーク | トップページ | 鎌倉・逗子海岸線丘陵フィールドワーク »

Asia/アジア」カテゴリの記事

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗」カテゴリの記事

kigawa-t/個人的日記」カテゴリの記事

Nature/自然」カテゴリの記事

Our American Roots/アメリカン・ミュージック」カテゴリの記事

School/レッスン・講習・ワークショップ」カテゴリの記事

Walking&Fieldwork/歩く!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210553/67531172

この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀道・按針塚フィールドワーク:

« 多摩川と玉川上水フィールドワーク | トップページ | 鎌倉・逗子海岸線丘陵フィールドワーク »