フォト

« 万象房 新緑ハイキング2017百蔵山 | トップページ | 5月の大部屋&アウトドア・スケジュール »

2017年4月30日 (日)

38年越しのご対面

1979年のある日の夕方、茨城県新治郡桜村の学生アパートから、バスに乗ってだったか、友達の車に乗ってだったか記憶が定かではありませんが、常磐線荒川沖駅に出て、東京に向かい、最初は有楽町のプレイガイドに、途中巡って来た「新宿の方が発売チケット枚数が多いらしい」という噂話を信じて、新宿のプレイガイド前に移動して徹夜、バイト代を貯めてやっと手に入れたチケット。ポール・マッカートニーとウィングス。結局、大麻所持で本人逮捕。

Img_0325 それから、全く機会に恵まれませんでしたが、今回、ご縁があって徹夜のチケット購入から38年目にして初のライブ鑑賞となりました。このご縁を下さった、高円寺大陸バー彦六の織田島マスターとAPPLE GEETAバンマス Akiko☆Sitarに深く感謝申し上げます。
 
ウィングス時代に演奏していた楽曲が特に良かったです。あの頃、ライブショーでのパフォーマンスを前提に楽曲を作っていたんだなと実感しました。"Maybe I'm Amazed"に涙腺がゆるみました。だからこそ、デニー・レインのギターで聴きたかった。リンダの姿を見たかった。30代のポール・マッカートニーが見たかった。
Img_0315 という訳で、アイリッシュ・ユニット「すらいごめいと」ブズーキ奏者武田さんとAPPLE GEETAで記念撮影。
 
Dscn4766 それと、せっかくだから、パティ・ボイドの写真展も行ってきました。クラプトンの「レイラ」のモデルとも言われているジョージ・ハリソンの元妻でエリック・クラプトンの元妻。70年前後のビートルズメンバーたちとクラプトンが蘇っていました。ザ・バンド「ラスト・ワルツ」のリハ風景までありました。

« 万象房 新緑ハイキング2017百蔵山 | トップページ | 5月の大部屋&アウトドア・スケジュール »

APPLE GEETA」カテゴリの記事

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

Celt-Irish/ケルト・アイリッシュ」カテゴリの記事

Guitar/ギター」カテゴリの記事

India&Nepal/インド・ネパール・シタール・タブラ」カテゴリの記事

kigawa-t/個人的日記」カテゴリの記事

LIVE/ライブ」カテゴリの記事

Nothing On My Mind」カテゴリの記事

Picture/絵」カテゴリの記事

Tears Label/ティアーズ・レーベル」カテゴリの記事

Voice&Vocal/歌と声」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210553/65220412

この記事へのトラックバック一覧です: 38年越しのご対面:

« 万象房 新緑ハイキング2017百蔵山 | トップページ | 5月の大部屋&アウトドア・スケジュール »