フォト

« ハワイアン・スラッキーギター・ワークショップ入門コース最終回 | トップページ | 夏季休業二日目 »

2008年8月11日 (月)

夏季休業一日目

Hakone080811_002 Hakone080811_021 万象房の夏季休業一日目は、以前から請負っていたフランス人ピエール氏のガイドで久しぶりの箱根へ。平安時代から江戸時代までずっとお寺だった「東福寺」が、明治時代になって「箱根神社」へと変貌を遂げるわけですが、1200年を超える歴史の中で、最後の別当(お寺で一番偉いお坊さん)であったのが、突然神主に転職するはめになり苦労して早死にしてしまった「箱根太郎」さんの墓なんて、観光客は誰も行く訳もないけれど、犬に吠えられながら案内する私。箱根は外国人観光客で一杯です。今日聞こえてきた言葉のランキングは、①台湾風北京語(たぶん)、②広東語(たぶん)、③日本語、④韓国語、⑤英語、⑥フランス語、⑦スペイン語(たぶん)。以下省略。舟に乗っている方々の日本人比率はおそらく、50%を切っております。さすが国際観光地。それにしても、江戸時代まで箱根の山伏のお祭りだった湖水祭が、いつのまにか箱根神社の神主秘伝の祭りと告知されているのは、歴史の都合の良い書き換えですねぇ。

« ハワイアン・スラッキーギター・ワークショップ入門コース最終回 | トップページ | 夏季休業二日目 »

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

History-Geography/歴史・地理・信仰・民俗」カテゴリの記事

kigawa-t/個人的日記」カテゴリの記事

Nature/自然」カテゴリの記事

Walking&Fieldwork/歩く!」カテゴリの記事

コメント

富士吉田の’火祭り’は、もともとは同地の諏訪明神社のお祭りで、山伏と関係するかは不明です。でも、諏訪明神社主宰だったお祭りが現在は浅間神社に取られてしまった形になっているので、やっぱりここにも歴史書き換えに近い現象がおきていますね。

では・・富士吉田の’火祭り’なども 山伏関連?!なのですか?

箱根~ 鎌倉~ 日光~
いつ行っても 何度いっても 新鮮に楽しめる♪
素敵なところ ですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210553/42139648

この記事へのトラックバック一覧です: 夏季休業一日目:

« ハワイアン・スラッキーギター・ワークショップ入門コース最終回 | トップページ | 夏季休業二日目 »