フォト

« 登山学校の校長先生と登る 丹沢 塔ノ岳 | トップページ | 晩秋のハワイアンLIVEスペシャル »

2007年11月24日 (土)

ケルト・ミュージックの世界 Vol.4

Celt_irish4_001 Celt_irish4_011 Celt_irish4_012 Celt_irish4_015 笛吹きだけのライブなんて、おそらくアイリッシュパブでもありえないでしょう。ここは万象房ですから。こんなにお客様がいらっしゃること自体不思議なくらいですが、癖になるタリラタリラタリララリラ~♪(ジグ?ダブルジグ?)。プロデューサーの「のすけ」さん、ありがとうございました。

********************************************

11月24日(土) 19:00 open 19:30>>

「ケルト・ミュージックの世界」Vol.4(produced by 大沼のすけ真)

♪A Toy of My Life
  大沼"のすけ"真(Whistle)、山田広之(Whistle&Flute)
   サポートメンバー:薄田"セイネン"裕介(Whistle&Flute)

万象房のケルト・アイリッシュ企画ライブもついに第4回。晩秋の夕暮れ、秋の夜長にはアイルランドの音がぴったり来るのです。哀愁を帯びたメロディーとダンサンブルな各種リズムパターン。しかも今回は笛だけのセット!もちろんギネスシチューもご用意いたします。丹沢の地ビール「さがみビール・アルト」にギネスシチュー。おいしく酔えます。
投げ銭(ドリンク&フード別)予約受付中

« 登山学校の校長先生と登る 丹沢 塔ノ岳 | トップページ | 晩秋のハワイアンLIVEスペシャル »

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

Celt-Irish/ケルト・アイリッシュ」カテゴリの記事

LIVE/ライブ」カテゴリの記事

World&Roots Music/世界の土着系大衆音楽」カテゴリの記事

コメント

ケルト文様のバウロンに照明。良いアイデアだと思ったんですけどねぇ・・・。

プロの方ですらやるかどうかわからない、Whistle&Fluteのみの演奏会、演奏の場を設けていただき、ありがとうございました。
確かに私たちの後ろ上にあるバウロンに、しっかりスポットライトが当たってましたね。
気づかなくて、すいませんでした。m(_~_)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210553/17136599

この記事へのトラックバック一覧です: ケルト・ミュージックの世界 Vol.4:

« 登山学校の校長先生と登る 丹沢 塔ノ岳 | トップページ | 晩秋のハワイアンLIVEスペシャル »