フォト

« ワークショップ&野外講座月間のチラシ | トップページ | スパニッシュ・ミュージックLIVE »

2007年9月14日 (金)

1993年(平成5年)のチラシと歓迎パーティと寄贈楽器

Kohtaroh_014 Kohtaroh_002

9月14日(金)佐々木弘太郎一時帰国歓迎パーティ。彼はちょうど13年前の9月14日、離日しイングランド・ケンブリッジに向かったのでした。13年ぶりのセッションは、クオリティ的にもまったく以前と遜色なく、いや今の方が小技が増えている。まだまだ全然やれるじゃんという確認にもなりました。ニューヨークで弾きまくっているんでしょう。

そして、なんとNOMMのもとパーカッション担当、ワンダフルレゲエブラザーズのもとベーシスト、正田斉氏からは、世界中のパーカッションセット及びアコースティックベースが万象房に寄贈されました!

***********************************

昨日、ニューヨークにいるはずの人間がまた、僕をびっくりさせようとドアの向こうからこっそり覗いていました。今月、帰国歓迎パーティをやることになっていたから、帰って来るのはわかっておりましたが・・・・・。これからsachiko講師のボイトレ・レッスンが始まろうとしている時に、しかも1コマ目のレッスン生は女子高生だというのに怪しい行動は困るなぁ。国内某教育研究機関から教授クラスで招かれようという人間のやることにしては幼稚?とりあえずビールを飲みながら14日のセッションパーティの選曲。そして持参してきてくれたのが、三線ケースにまだ入っていたという15年近く前に開催したパーティの僕が書いた懐かしい手書きチラシ。Earlynomm ライブ&職場対抗バンド合戦!会場は町田アンバサドールでありました。

P.S.

6日夕方、もとNOMM、Bass&Perc.S氏、一日違いで初のご来店。

« ワークショップ&野外講座月間のチラシ | トップページ | スパニッシュ・ミュージックLIVE »

BANSHOW-BOH/万象房」カテゴリの記事

kigawa-t/個人的日記」カテゴリの記事

LIVE/ライブ」カテゴリの記事

Nothing On My Mind」カテゴリの記事

World&Roots Music/世界の土着系大衆音楽」カテゴリの記事

コメント

本当にお久しぶりです。わざわざコメントをありがとうございました。あのベースあの日買ったばかりの安いやつです。パーカッション類は実は嫁さんの圧力に負けて手放すといった感じじゃないでしょうか。子供も大きくなって場所取るし・・・(笑)。

しかし、そのこさんねぇ。やっぱりおばさんしてるんですよねぇ。あの頃丸くて可愛かったなぁ。万象房にぜひ一度おいで下さい。

ちなみに私のハエギワ後退していません。

そのこ、って、そのこですか?!

このパーティには、私メも参加して、久しぶりに会い、全く同じ感想を持ちましたです。ウチのツレアイは、体型は代わりませんが、ハエギワ前線がわずかに後退して、白髪も目立つのに対し、彼の頭は全く変わらないようです。一時ふくよかになったこともあったみたいですが、また戻ったみたいだし。

私は、しっかり巨大化しました。はい。

城川さんお久しぶりです(本当に!)。時々拝見させて頂いています(にやにやしながら)。大学時代はお世話になりました。それにしても正田さんてまったく変わってないんだね。写真見て、あまりに変わってない(!)ので思わずコメントしてしまいました。(だけれどあのベースも寄贈されてしまうのですか?)本当にお元気でなによりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210553/16351082

この記事へのトラックバック一覧です: 1993年(平成5年)のチラシと歓迎パーティと寄贈楽器:

« ワークショップ&野外講座月間のチラシ | トップページ | スパニッシュ・ミュージックLIVE »